2020年07月09日

特別定額給付金10万円の使い道

第1回 新型コロナによる暮らしの変化に関する調査

生活研究部 主任研究員   久我 尚子

新型コロナウイルス 消費者行動 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • ニッセイ基礎研究所が6月末に実施した調査によると、特別定額給付金の使い道は圧倒的に「生活費の補填」(53.7%)が多く、2位「貯蓄」(26.1%)、3位「国内旅行」(10.1%)。一方、「辞退」(2.1%)や「寄付」(1.5%)もわずかながら存在。
     
  • 性年代別に見ても上位は同様。ただし、女性は「貯蓄」や「ファッション」、「マスクや除菌グッズなどの衛生用品の購入・買い替え」、「国内旅行」、男性は「投資」、30歳代は「貯蓄」、40歳代は「子どもの教育」、60歳代は「国内旅行」が多い傾向がある。
     
  • ライフステージ別に見ても上位は同様。ただし、子育て世帯は「子どもの教育」や「育児や保育関連」、シニア世帯は「国内旅行」や「家電製品やAV機器の購入・買い替え」などの必需性の低い選択的消費が多い傾向がある。
     
  • 個人年収・世帯年収別に見ても上位は同様。低年収層では「生活費の補填」、高年収層では「外食」や「旅行」、耐久消費財の購入など必需性の低い選択的消費のほか、「ふるさと納税」が多い傾向がある。
     
  • 特別定額給付金の使い道で「寄付」選択者は子育てが終わったシニア層が、「辞退」選択者は大学生などの若者が多い。いずれも新型コロナの感染拡大による経済的な悪影響を(直接的に)さほど受けておらず、家計支援の必要性が低いためと考えられる。
     
  • 「特別定額給付金」の使い道からは、消費者の生活防衛意識の高さが見てとれた。本稿で用いた「新型コロナによる暮らしの変化に関する調査」は継続して実施する予定であり、今後も消費者の動向がどのように変わるのかを見ていきたい。

■目次

1――特別定額給付金の使い道
 ~圧倒的に「生活費の補填」(53.7%)、次いで、「貯蓄」(26.1%)
2――属性別に見た特別定額給付金の使い道
 ~いずれも首位は「生活費の補填」だが属性による違いも
  1|性別~男性は「投資」、女性は「貯蓄」「ファッション」「マスクなど衛生用品の購入」
   「国内旅行」
  2|年代別~30歳代は「貯蓄」、40歳代は「子どもの教育」、60歳代は「国内旅行」
  3|ライフステージ別~子育て世帯は「生活費の補填」や「教育費」、シニア世帯は「国内
   旅行」や「家電製品」
  4|個人年収・世帯年収別~低年収は「生活費の補填」、高年収層は「外食」「国内旅行」
   「ふるさと納税」等
  5|自分や家族の収入減少に対する不安別~非常に不安層で「生活費の補填」、非不安層で
   「外食」
3――特別定額給付金の使い道が「寄付」や「辞退した・するつもり」選択者の属性
 ~シニアと若者
  1|「寄付」~60歳代が約半数、子育てが終わり経済的にも比較的余裕のあるシニア層が多い
  2|「辞退した・するつもり」~20歳代が44%、大学生などの若者が多い
4――おわりに
 ~給付金の使い道から見える生活防衛意識の高さ、継続調査での消費者動向を把握予定
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
83_ext_01_0.jpeg

生活研究部   主任研究員

久我 尚子 (くが なおこ)

研究・専門分野
消費者行動、心理統計、保険・金融マーケティング

アクセスランキング

レポート紹介

【特別定額給付金10万円の使い道】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

特別定額給付金10万円の使い道のレポート Topへ