2023年01月24日

「マイナ保険証」の利用状況・マイナポータルでの健康情報閲覧状況

保険研究部 主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任 村松 容子

文字サイズ

■要旨

国が進めているデータヘルス改革や医療DXにおいて、マイナンバーカードは以下2つの場面で利用することが想定されている。

(1) 医療機関や薬局などの受付で保険証(マイナ保険証)として利用する
(2) 自分のパソコンやスマホで、自身の健診結果や予防接種結、医療機関等における診療・薬剤情報を閲覧するためにマイナポータルにアクセスするために利用する
 
本稿では、国の資料から、マイナンバーカードの保険証としての登録状況や利用状況、医療機関等におけるカードリーダー設置状況等を紹介する。また、ニッセイ基礎研究所が行ったインターネット調査から、マイナンバーカードの保険証としての利用経験と今後の意向等を紹介する。

■目次

1――はじめに
2――マイナンバーカードの保険証としての利用状況~国の公表資料から
  1|マイナンバーカードやカードリーダーの普及状況
  2|医療機関や薬局等での利用状況
  3|マイナポータルを使った特定健診等情報や薬剤/診療情報の閲覧状況
3――マイナンバーカードの利用経験と利用意向~インターネット調査から
  1|マイナンバーカードの保険証としての利用経験と今後の意向
  2|医療機関や薬局等で過去の健診結果等情報を提供するか
  3|マイナポータルを使った特定健診等情報や薬剤/診療情報の閲覧経験と今後の意向
4――おわりに
Xでシェアする Facebookでシェアする

保険研究部   主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

村松 容子 (むらまつ ようこ)

研究・専門分野
健康・医療、生保市場調査

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【「マイナ保険証」の利用状況・マイナポータルでの健康情報閲覧状況】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

「マイナ保険証」の利用状況・マイナポータルでの健康情報閲覧状況のレポート Topへ