2020年12月08日

年代別に見たコロナ禍の行動・意識の特徴~買い物手段編-全年代でデジタル利用増、高年齢ほどリアル店舗の利用控え、若者の一部は働き方変容でリアル店舗利用増も

生活研究部 上席研究員   久我 尚子

新型コロナウイルス 消費者行動 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • 買い物手段の利用は、20~69歳全体では、スーパーやデパートなどのリアル店舗の利用は減少が目立つ一方(特にデパートやショッピングモール)、ネットショッピングなどのデジタル手段の利用は増加が目立ち、リアル店舗の利用の一部がネットショッピングへとシフト(デジタルシフト)している可能性がある。
     
  • 年代別に見ると、高年齢ほどリアル店舗の利用は減少が目立つ一方、20歳代ではスーパーやコンビニエンスストアなど生活必需品を購入する店舗の利用で増加が目立つ。これは、重症化リスクによる外出行動の違いに加えて、若いほど在宅勤務が可能な就業者が多いなど、コロナ禍における働き方の変容の影響もあげられる。
     
  • デジタル手段の利用は、全ての年代で増加が目立ち、おおむねコロナ禍でデジタルシフトは進んでいる。なお、ビフォーコロナからデジタル手段の利用水準の高い若い年齢ほど増加の割合は高い。一方、若者の一部では、在宅勤務が増えるなど生活が変わることで、ネットショッピングからリアル店舗の利用へとリアルシフトも生じている。
     
  • ワクチン開発において安全性や有効性が確認されたという報道があるが、少なくとも2021年の上期までは現在の行動変容の状況が続くと見られる。また、買い物手段のデジタルシフトは、新たな変化ではなくビフォーコロナから見られたものである。他国と比べて低い日本のEC化率を鑑みれば、ポストコロナでも伸長の余地はあるだろう。


■目次

1――はじめに~コロナ禍における行動・意識の変容、年代別の特徴は?
2――コロナ禍における買い物手段の変容
  1|全体の状況~リアル店舗の利用は減少、ネットショッピングやキャッシュレスは増加で
   デジタルシフト
  2|年代別の状況~高年齢ほどリアル店舗利用減少、若者の一部では働き方変容等でリアル
   利用増加も。デジタル利用は全体的に増え若いほど増加、若者の一部ではリアルシフトも。
3――まとめ
  ~コロナ禍でデジタルシフトが加速、日本のEC化率は低く、ポストコロナでも伸長の余地あり
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

生活研究部   上席研究員

久我 尚子 (くが なおこ)

研究・専門分野
消費者行動、心理統計、保険・金融マーケティング

アクセスランキング

レポート紹介

【年代別に見たコロナ禍の行動・意識の特徴~買い物手段編-全年代でデジタル利用増、高年齢ほどリアル店舗の利用控え、若者の一部は働き方変容でリアル店舗利用増も】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

年代別に見たコロナ禍の行動・意識の特徴~買い物手段編-全年代でデジタル利用増、高年齢ほどリアル店舗の利用控え、若者の一部は働き方変容でリアル店舗利用増ものレポート Topへ