2022年07月21日

地方・郊外移住を希望するのはどんな人か~「第8回 新型コロナによる暮らしの変化に関する調査」より

生活研究部 准主任研究員・ジェロントロジー推進室兼任 坊 美生子

文字サイズ

■要旨

総務省の住民基本台帳人口移動報告によると、今年5月、東京都の転入超過数は720人となり、5か月連続のプラスとなった。注目されていた地方移住は進まず、寧ろ、東京一極集中の方向に逆戻りしてきたようである。一方で、コロナ禍に入って地方・郊外移住への関心は高まっており、住まいに関する意識と行動にはギャップがある。そういう人たちは、条件さえ合えば、行動に踏み出す可能性がある。

そこで、移住希望者は何を望んでいるのかを探るため、ニッセイ基礎研究所のコロナ調査から、地方・郊外移住希望と、ライフスタイルやビジネススタイルの変化等に関する設問とのクロス分析を行った。その結果、移住希望は、様々な要素と関連していることが分かった。▽子どもが誕生・就学した家庭だけでなく、子どもが独立間近の家庭では、移住希望が高い。▽コロナ禍で家族と過ごす時間が増えた人と、逆に、一人の時間が増えた人では、移住希望が高い。▽コロナ禍で収入減少や失業など家計不安を感じている人は、移住希望が高いーーなどである。

■目次

1――はじめに
2――東京都の人口移動の傾向
3――地方や郊外への移住意向
4――地方や郊外への移住希望者の特徴
  1|コロナ禍による暮らしや意識の変化と移住希望とのクロス分析
  2|クロス分析結果の考察
5――終わりに
Xでシェアする Facebookでシェアする

生活研究部   准主任研究員・ジェロントロジー推進室兼任

坊 美生子 (ぼう みおこ)

研究・専門分野
中高年女性の雇用と暮らし、高齢者の移動サービス、ジェロントロジー

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【地方・郊外移住を希望するのはどんな人か~「第8回 新型コロナによる暮らしの変化に関する調査」より】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

地方・郊外移住を希望するのはどんな人か~「第8回 新型コロナによる暮らしの変化に関する調査」よりのレポート Topへ