2022年02月25日

データで見るコロナ禍の行動変容(1)-個人消費および雇用情勢の概観

生活研究部 上席研究員 久我 尚子

文字サイズ

■要旨
 
  • コロナ禍において個人消費は感染状況と連動しており、消費を上向かせるためには、社会経済活動との両立を図るために感染状況を制御していくことが肝要だ。一方で今後の足かせとなるものとしては、長引くコロナ禍における雇用環境の悪化による消費抑制や物価高による家計負担増などが懸念される。
     
  • 雇用の状況を見ると、非正規雇用者は減少する一方、正規雇用者は増加しており、いずれも女性で増減が目立つ。従来から非正規雇用者は女性が約7割を占めて多く、女性の従事比率の高い医療・福祉で正規雇用者が増加している影響と見られる。一方、コロナ禍で苦境に立つ飲食などの対面型サービス業等の雇用者数は減少している。コロナ前から生じていた雇用者間の分断はコロナ禍で一層深いものとなっている。
     
  • 賃金についても、対面型サービス業では正規・非正規ともに全産業平均と比べて減少する一方、需要の増す医療・福祉では増加している。よって、雇用維持の面だけでなく、収入の面でも雇用者の分断は深まっている。
     
  • 政府はこれらへの対応として、成長と分配の好循環による持続可能な経済を実現するとして、経済団体への賃上げ要請やデジタルなど成長産業への労働移動を促すための公的職業訓練の強化などを講じている。雇用環境の改善は個人消費を改善させる上での土台となる。


■目次

1――はじめに~コロナ禍における消費行動や働き方の変容状況は?
2――個人消費全体の動き
 ~コロナ禍の個人消費は感染状況と連動、感染状況の制御が消費拡大の鍵
3――雇用情勢
 ~コロナ禍による打撃と需要増による業種や雇用形態に見える雇用者間の分断の深まり
  1|雇用者数の状況
   ~宿泊・飲食サービスなどの非正規減、医療・福祉などの正規で深まる雇用者間の分断
  2|賃金の状況
   ~正規・非正規ともに宿泊・飲食など対面型サービス業で減少、医療・福祉などで増加
4――おわりに~個人消費改善に必要なことは感染状況の制御、雇用環境の改善
Xでシェアする Facebookでシェアする

生活研究部   上席研究員

久我 尚子 (くが なおこ)

研究・専門分野
消費者行動、心理統計、マーケティング

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【データで見るコロナ禍の行動変容(1)-個人消費および雇用情勢の概観】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

データで見るコロナ禍の行動変容(1)-個人消費および雇用情勢の概観のレポート Topへ