2021年07月20日

ワクチン接種意向は高まったが、副反応への不安は依然として高い~効果を認めつつも接種を躊躇している人をどう後押しするか

保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   村松 容子

新型コロナワクチン 健康・ヘルスケア などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

本稿では、ニッセイ基礎研究所が定期的に実施した「第5回新型コロナによる暮らしの変化に関する調査(2021年7月実施)」を使って、3月に実施した第4回調査以降、接種意向がどのように変化したか、接種を希望しない理由に変化があったかを分析した。その結果、「副反応の程度や症状についての情報が少ない」や「効果が明確ではない」は低下していたが、「副反応が心配」「将来的な安全性が確認できていないと思う」は低下していなかった。

すぐには接種を希望しない人においては、身近な人や医療従事者からの推奨、クーポンやポイントの付与、ワクチンパスポートの国内利用等が決断の後押しになる可能性があった。

■目次

1――はじめに
2――接種や接種予約は進んでいるが、「あまり接種したくない」「絶対に接種したくない」は
  5ポイントの低下にとどまる
3――すぐには接種を希望しない理由
  1|“安全性への不安”“ワクチン不要”“面倒”“順番待ち・様子見”“ワクチンの種類を選びたい”
  2|すぐには接種を希望しない最多の理由は「副反応が心配」。年齢が高い層で“安全性への
   不安”
  3|効果への認識は進み、副反応に関する情報も増えたが、「副反応が心配」は低下していない
4――ワクチン接種を後押しする手立てはあるか
  1|効果や安全性の説明、および身近な人や医療従事者の推奨、クーポンやポイントは後押しに
   なる可能性
  2|「ワクチンパスポート」も活用時期や場面によっては、“順番待ち・様子見”“面倒”を理由と
   する人の後押しになる可能性
5――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

村松 容子 (むらまつ ようこ)

研究・専門分野
健康・医療、生保市場調査

アクセスランキング

レポート紹介

【ワクチン接種意向は高まったが、副反応への不安は依然として高い~効果を認めつつも接種を躊躇している人をどう後押しするか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ワクチン接種意向は高まったが、副反応への不安は依然として高い~効果を認めつつも接種を躊躇している人をどう後押しするかのレポート Topへ