2022年03月23日

今後、勤め先での飲み会や会食はどうなるか

保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   村松 容子

新型コロナウイルス ライフデザイン などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

3月21日でまん延防止等重点措置がすべての地域で解除された。今後は、各自で感染対策を行いながら活動していくことになる。年度の変わり目であり、歓送迎会の季節であるが、勤め先での飲み会や会食はどうなるだろうか。

本稿では、同じく、すべての都道府県で緊急事態宣言、まん延防止等重点措置が解除されていた2021年12月末にニッセイ基礎研究所が実施した「第7回新型コロナによる暮らしの変化に関する調査」を使って、職場における飲食・会合の状況や、「1年後に、コロナ前と同じように勤め先での飲み会や会食が実施されるようになる」と思っている人の特徴をみていきたい。

■目次

1――職場における飲食・会合は減少
2――「1年後に、コロナ前と同じように勤め先での飲み会や会食が実施されるようになる」と思う
  人の割合は低下
3――「1年後に、コロナ前と同じように勤め先での飲み会や会食が実施されるようになる」と思う
  人の特徴
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

村松 容子 (むらまつ ようこ)

研究・専門分野
健康・医療、生保市場調査

アクセスランキング

レポート紹介

【今後、勤め先での飲み会や会食はどうなるか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

今後、勤め先での飲み会や会食はどうなるかのレポート Topへ