2023年07月12日

さらなるキャッシュレス化に向けた課題について整理する

金融研究部 金融調査室長・年金総合リサーチセンター兼任 福本 勇樹

文字サイズ

■目次

1――キャッシュレス決済が日常的なものに
2――さらなるキャッシュレス化に向けた課題
  1|消費者のキャッシュレス決済に対する不安の解消
  2|店舗サイドのメリット・デメリットに対する細分化した施策の必要性
  3|硬貨による決済への対応
  4|決済デジタル化に伴う店舗サイドの新たなリスクへの対処
  5|「貯蓄から投資」への寄与に対する期待
  6|経済メリットに留まらないキャッシュレス化の社会的意義の共有


※ 本稿は2023年3月20日に発行した「基礎研レポート」を加筆・修正したものである。
Xでシェアする Facebookでシェアする

金融研究部   金融調査室長・年金総合リサーチセンター兼任

福本 勇樹 (ふくもと ゆうき)

研究・専門分野
金融市場・決済・価格評価

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【さらなるキャッシュレス化に向けた課題について整理する】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

さらなるキャッシュレス化に向けた課題について整理するのレポート Topへ