2022年10月24日

キャッシュレス化は本当に環境にやさしいのか

金融研究部 金融調査室長・年金総合リサーチセンター兼任 福本 勇樹

文字サイズ

■要旨
 
  • 日本においても着実にキャッシュレス化が進展している中で、SDGsやESGの取組みにおいて、キャッシュレス化がサステナブルな社会の実現に寄与するとの考え方も徐々に浸透しつつある。
     
  • 現金決済では、硬貨・紙幣は金属・プラスチック・紙などから製造され、市中で流通し、最終的に使えないと判断されれば回収・廃棄されるが、それに伴って様々な環境負荷が生じている。
     
  • キャッシュレス決済では、どのデバイスを用いて、どのような方式で決済するのかによって環境負荷に違いがある。
     
  • キャッシュレス化によって現金決済における製造・寿命・流通に伴う環境負荷をいくらか軽減することができるが、環境負荷が全くなくなるわけではなく、どの決済手段がサステナブルな社会の実現に寄与するのかは相対的な評価ということになる。
     
  • 資源が有限であること、移行にかかるコストなども総合的に考慮に入れると、現時点ではカード決済やバーコード決済などのキャッシュレス決済を用いる方が環境にやさしいという評価になるものと思われる。
     
  • ただし、エネルギー消費やリサイクルなどの分野では循環型経済に向けた技術革新が日進月歩で進展しており、キャッシュレス化による環境負荷の軽減効果については逐次検証し、情報を更新していくことが求められる。


■目次

1――SDGsの取組みにおいて注目されるキャッシュレス化
2――現金決済に伴う環境負荷
  1|現金の製造に伴う環境負荷
  2|現金の寿命に伴う環境負荷
  3|現金の流通に伴う環境負荷
3――キャッシュレス決済に伴う環境負荷
  1|カード決済に伴う環境負荷
  2|スマホ決済に伴う環境負荷
  3|暗号通貨による決済に伴う環境負荷
4――まとめ
Xでシェアする Facebookでシェアする

金融研究部   金融調査室長・年金総合リサーチセンター兼任

福本 勇樹 (ふくもと ゆうき)

研究・専門分野
金融市場・決済・価格評価

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【キャッシュレス化は本当に環境にやさしいのか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

キャッシュレス化は本当に環境にやさしいのかのレポート Topへ