2023年09月08日

まちづくりへのDAOの活用-住民参加の深化に向けて-

社会研究部 研究員 島田 壮一郎

文字サイズ

■要旨

山古志DAOの成功によってまちづくりにおけるDAOの活用が広がりつつある。本稿ではDAOの特徴によって住民参加のまちづくりにどのような利点をもたらすかについて述べている。DAOの利点として、1.ガバナンストークンを保持するだけで誰でも参加することが出来る。2.管理者の恣意的な決定に左右されない。3.意思決定の結果が適切に実行される。4.NFTの売買により資金調達を行うことが出来る。5.意思決定の履歴が残り、以前にどのような決定が行われたかを誰でも把握することが出来る。などが挙げられる。それによって、住民参加の課題である、参加者の拡大や決定の実行性、資金調達などが解消される可能性がある。

■目次

1――はじめに
2――DAOを用いたまちづくり
  1|DAOとは
  2|DAOを用いた事例
3――DAOの特徴からみるまちづくりへの寄与
4――まとめ
Xでシェアする Facebookでシェアする

社会研究部   研究員

島田 壮一郎 (しまだ そういちろう)

研究・専門分野
都市・地域計画、住民参加、コミュニケーション、合意形成

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【まちづくりへのDAOの活用-住民参加の深化に向けて-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

まちづくりへのDAOの活用-住民参加の深化に向けて-のレポート Topへ