2023年04月05日

空き家の物語の活用-よりよい居住を売却価値に-

社会研究部 研究員 島田 壮一郎

このレポートの関連カテゴリ

文字サイズ

■要旨

空き家の増加の課題の解消に向けて、様々な取り組みが行われている。しかし、空き家に対する漠然とした負のイメージがあるなかでは、空き家の活用が進みにくい。そこで、居住の物語を作成することで空き家の評価向上を目指す。本稿では有効な物語のあり方から、空き家についてどのような物語を作成するとよいのかを考える。さらに、空き家の物語の活用によって住宅への意識がどのように変わるかを述べる。

■目次

1――はじめに
2――空き家対策について
3――「物語」について
  1|物語による意識の変化
  2|物語を用いた広告
4――空き家活用に向けての物語の活用
  1|空き家における物語の要素
  2|行為者モデルへの当てはめ
  3|物語性尺度を満たすために
  4|よりよい物語を作成するために
5――まとめ
Xでシェアする Facebookでシェアする

このレポートの関連カテゴリ

社会研究部   研究員

島田 壮一郎 (しまだ そういちろう)

研究・専門分野
都市・地域計画、住民参加、コミュニケーション、合意形成

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【空き家の物語の活用-よりよい居住を売却価値に-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

空き家の物語の活用-よりよい居住を売却価値に-のレポート Topへ