2023年06月02日

ChatGPTの台頭で求められるコミュニケーション能力-マン・マシン・コミュニケーションの変化から-

社会研究部 研究員 島田 壮一郎

文字サイズ

■要旨

最近、議論が盛り上がっているChatGPTの活用において、マン・マシン・コミュニケーションとは異なるコミュニケーションモデルで動いていることからAIの発展に伴い、対人コミュニケーションがさらに求められることが予想される。

■目次

1――はじめに
2――機械と人とのコミュニケーション
  1|コミュニケーションにおける情報の動き
  2|マン・マシン・コミュニケーション
3――AIと人とのコミュニケーション
  1|AIの能力の発展
  2|ChatGPTと人とのコミュニケーションモデル
  3|ChatGPTの回答の正確性を高めるために
4――まとめ
Xでシェアする Facebookでシェアする

社会研究部   研究員

島田 壮一郎 (しまだ そういちろう)

研究・専門分野
都市・地域計画、住民参加、コミュニケーション、合意形成

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【ChatGPTの台頭で求められるコミュニケーション能力-マン・マシン・コミュニケーションの変化から-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ChatGPTの台頭で求められるコミュニケーション能力-マン・マシン・コミュニケーションの変化から-のレポート Topへ