吉田 資

金融研究部 主任研究員

吉田 資(よしだ たすく)

研究・専門分野
不動産市場、投資分析

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 不動産市場、投資分析
自己紹介

国内の不動産市場および不動産金融に関する調査・研究を行っています。主に、住宅および物流施設市場の需給構造分析や、不動産証券化商品・ファンドのリスク評価などに携わってきました。不動産と金融にまたがる学際的な分野の調査・研究の難しさを日々痛感していますが、同時に未開拓な分野に挑戦する面白さも感じています。今後も探究心を持って計量分析手法を用いた調査・研究を行い、不動産・金融の現場で起こっている課題解決の一助となる分かりやすい情報発信ができればと考えております。

経歴 【職歴】
 2007年 住信基礎研究所(現 三井住友トラスト基礎研究所)
 2018年 ニッセイ基礎研究所

吉田 資のレポート

2020年07月30日

「札幌オフィス市場」の現況と見通し(2020年)~新型コロナウィルスの感染拡大を踏まえた市場見通し

65039_ext_03_0_S.jpg

札幌市では、IT関連企業やコールセンターを中心として新規開設および拡張移転の動きが活発で、空室が減少している。需給環境の逼迫により空室率が低下するなか、募...

続きを見る

2020年07月15日

「仙台オフィス市場」の現況と見通し(2020年)~新型コロナウィルスの感染拡大を踏まえた市場見通し

64936_ext_03_0_S.jpg

仙台のオフィス空室率は、2013年以降、新規供給が限定的であることを反映し、低下傾向で推移している。需給の逼迫に伴い、募集賃料も上昇基調で推移している。一...

続きを見る

2020年06月15日

「大阪・名古屋オフィス市場」の現況と見通し~新型コロナウィルスの感染拡大を踏まえて見通しを改定

64721_ext_03_0_S.jpg

大阪と名古屋のオフィス市場では、まとまった空室を確保することが困難な状況が続いている。逼迫した需給環境を反映し、公表されている統計数値等を見る限り、募集賃...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

講演・学会報告

講演日 講演タイトル 主催
2020年07月29日 第66回ビル経営サミットin関西 「大阪オフィス市場の見通し~新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえた市場の見通し~」 週刊ビル経営
2020年07月25日 研究会 「不動産市場の動向と見通し~オフィス市場を中心に」 都市的土地利用研究会
2019年09月19日 第21回不動産ソリューションフェア 「主要都市のオフィス市場の現状と見通し」 会社名 株式会社ビル経営研究所

講演・学会報告をもっと見る

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル
2020年07月02日 産経新聞 朝刊 22面 路線価 新駅効果 都内伸び県庁 建設ラッシュもコロナ懸念
2020年05月27日 読売新聞 朝刊 8面 人口減時代 空き家対策早急に 30年で3倍 治安に影響
2020年03月19日 信濃毎日新聞 朝刊 13面 20年公示地価 識者2氏に聞く

新聞掲載をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2020年06月22日号 日経ビジネス 35P AIが予測、コロナ影響なくとも5年後に下がるマンション
2020年07月号 日経不動産マーケット情報 32P オフィス市況トレンド アナリスト予測 2021年の市況悪化は不可避 大幅な賃料下落には至らず
2020年05月27日 週刊ビル経営 2面 コロナ禍の不動産市況 オフィス編 既存賃料の支払いが厳しくなり移転・退去も今後増加が想定

雑誌等掲載をもっと見る

所属部署

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る