吉田 資

金融研究部 主任研究員

吉田 資(よしだ たすく)

研究・専門分野
不動産市場、投資分析

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 不動産市場、投資分析
自己紹介

国内の不動産市場および不動産金融に関する調査・研究を行っています。主に、住宅および物流施設市場の需給構造分析や、不動産証券化商品・ファンドのリスク評価などに携わってきました。不動産と金融にまたがる学際的な分野の調査・研究の難しさを日々痛感していますが、同時に未開拓な分野に挑戦する面白さも感じています。今後も探究心を持って計量分析手法を用いた調査・研究を行い、不動産・金融の現場で起こっている課題解決の一助となる分かりやすい情報発信ができればと考えております。

経歴 【職歴】
 2007年 住信基礎研究所(現 三井住友トラスト基礎研究所)
 2018年 ニッセイ基礎研究所

吉田 資のレポート

2020年10月01日

地震リスクや洪水リスクはマンション価格を下げるのか?~自然災害リスクがマンション価格に及ぼす影響について

65638_ext_03_0_S.jpg

気候変動等の影響により、全国の市区町村の9割以上にあたる1692市区町村で10年間に1回以上の水害が発生している。また、マグニチュード6.0以上の地震の内...

続きを見る

2020年09月18日

視界に入る「みどり」が住宅賃料に及ぼす影響

65489_ext_03_0_S.jpg

「みどり」は都市空間において、景観(美しい街並み)を形成する機能や防災機能等、様々な役割を果たしている。コロナ禍を経て、住居選択において、「みどり」の効果...

続きを見る

2020年09月03日

コロナ禍で変わる新しいワークプレイスのあり方

65247_ext_03_0_S.jpg

新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、「在宅勤務」を含めたワークスタイルの変容等、オフィスビルの事業環境は大きく変化している。生産性を高める上で、コミュニケ...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

講演・学会報告

講演日 講演タイトル 主催
2020年10月02日 TKC宮城積水部 資産防衛研修会「仙台オフィス市場の見通し~コロナ禍で変わる新しいワークプレイスのあり方~」 積水ハウス株式会社
2020年07月29日 第66回ビル経営サミットin関西 「大阪オフィス市場の見通し~新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえた市場の見通し~」 週刊ビル経営
2020年07月25日 研究会 「不動産市場の動向と見通し~オフィス市場を中心に」 都市的土地利用研究会

講演・学会報告をもっと見る

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル
2020年08月31日 中日新聞 朝刊 3面 オフィス空室率 じわり上昇 コロナ不況 増床や移転 ためらいも 名古屋など都心部
2020年07月02日 産経新聞 朝刊 22面 路線価 新駅効果 都内伸び県庁 建設ラッシュもコロナ懸念
2020年06月16日 日刊工業新聞 朝刊 16面 新型コロナ/オフィス需要に陰り テレワーク浸透で空室率増

新聞掲載をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2020年10月15日 LIFULL HOME'S PRESS 「みどり」の整備は不動産価値向上へつながるか~視界に⼊る「みどり」が 住宅賃料に及ぼす影響(2)
2020年10月14日 健美家 仙台都心が躍進? グローバル化も⾒据え再開発プロジェクトが始動
2020年10月05日 週刊ビル経営 15面 エリア現況(西新宿) アナリストの目

雑誌等掲載をもっと見る

所属部署

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る