前田 展弘

生活研究部 上席研究員・ジェロントロジー推進室兼任

前田 展弘(まえだ のぶひろ)

研究・専門分野
ジェロントロジー(高齢社会総合研究)、超高齢社会・市場、QOL(Quality of Life)、ライフデザイン

  • Xでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEでシェアする

03-3512-1878

取材・講演依頼

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 ジェロントロジー(高齢社会総合研究)、超高齢社会・市場、QOL(Quality of Life)、ライフデザイン
自己紹介

日本は超高齢・長寿社会の最先進国であり、世界がこれからの日本の動向に注目しています。人生100年時代に相応しい生き方、超高齢化に対応した社会づくりに向けては課題が山積しています。これらの課題を解決し、新たな未来社会を切り拓いていくには「ジェロントロジー」が不可欠です。民間シンクタンクとして唯一ジェロントロジー研究に取り組むわが研究所は、東京大学高齢社会総合研究機構及び未来社会共創センターとともに様々なジェロントロジー研究を推進しています。私はその中で地域や企業また生活者とつながりながら、特に(1)「生涯現役社会」の実現(高齢者のセカンドライフ支援)、(2)人生100年時代に求められる「高齢者市場開拓」、(3)産官学民による「共創」支援、(4)「金融ジェロントロジー」に関する研究に取り組んでいます。これらを通じて、人生100年時代を誰もが“より良く”生きていける未来社会の実現に貢献して参りたいと考えております。

経歴 2004年     :ニッセイ基礎研究所入社

2006~2008年度 :東京大学ジェロントロジー寄付研究部門 協力研究員

2009年度~   :東京大学高齢社会総合研究機構 客員研究員
(2022年度~  :東京大学未来ビジョン研究センター・客員研究員)

2021年度~   :慶応義塾大学ファイナンシャル・ジェロントロジー研究センター・訪問研究員

内閣官房「一億総活躍社会(意見交換会)」招聘(2015年度)

財務省財務総合政策研究所「高齢社会における選択と集中に関する研究会」委員(2013年度)、「企業の投資戦略に関する研究会」招聘(2016年度)

東京都「東京のグランドデザイン検討委員会」招聘(2015年度)

神奈川県「かながわ人生100歳時代ネットワーク/生涯現役マルチライフ推進プロジェクト」代表(2017年度~)

生協総研「2050研究会(2050年未来社会構想)」委員(2013-14、16-18年度)

全労済協会「2025年の生活保障と日本社会の構想研究会」委員(2014-15年度)

一般社団法人未来社会共創センター 理事(全体事業統括担当、2020年度~)

一般社団法人定年後研究所 理事(2018-19年度)

【資格】 高齢社会エキスパート(総合)※特別認定者、MBA 他

前田 展弘のレポート

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

前田 展弘のパブリシティ

著書

  • 東大がつくった高齢社会の教科書-長寿時代の人生設計と社会創造
    東大がつくった高齢社会の教科書-長寿時代の人生設計と社会創造
    著者:
    東京大学高齢社会総合研究機構 編著(編集協力:ニッセイ基礎研究所)
    出版社:
    (株)ベネッセコーポレーション
    発行年月:
    2017年3月
    定価:
    ¥1,800(税抜き)

    ※当研究所の前田展弘が、1~3章、4・5・8・13章を改訂するとともに全体の監修を行った。


    「高齢化最先進国」である日本。この人生100年時代に人生設計をどうするか、社会システムの構築をいかに行うか。健康、就労、お金、介護、年金、テクノロジー、まちづくり…高齢化に関わる基礎知識を学び、安心で活力ある未来をめざすための一冊。ビジネス、行政、NPO、大学、そしてあらゆる個人に必携。「高齢社会検定」公式テキスト。『東大がつくった 確かな未来視点を持つための 高齢社会の教科書』(ベネッセコーポレーション、2013年3月刊)の改訂版であり、2017年1月までの最新の情報をもとに新たに作成した。

  • 未来がみえた! ―10人のメンバーがみた地域発「チーム力」
    未来がみえた! ―10人のメンバーがみた地域発「チーム力」
    著者:
    日本生命保険相互会社 代表取締役社長 筒井 義信(編著)
    出版社:
    プレジデント社
    発行年月:
    2016年10月
    定価:
    ¥1,200(税抜き)

     

    ※当研究所、加藤えり子・塩澤誠一郎・竹内一雅・谷本忠和・前田展弘・宮垣淳一・矢嶋康次・薮内哲・吉本光宏が執筆。


    「閉塞感が漂う日本だからこそ、明るい未来がみえた全国各地の取り組みを世の中に伝えよう!」という本書の企画に賛同した、ニッセイ基礎研究所研究員が中心の、10人の有志一同。

  • 2025年の日本 破綻か復活か
    2025年の日本 破綻か復活か
    著者:
    駒村 康平(編著)
    出版社:
    株式会社勁草書房
    発行年月:
    2016年9月
    定価:
    ¥2,500(税抜き)

     

    ※当研究所の前田展弘が第8章「高齢者が活躍する地域コミュニティづくり」を執筆。


    現在、日本社会は急激な高齢化・人口減少の進行により、医療・介護・福祉の社会保障、地域福祉の問題だけではなく、生活をめぐるさまざまな保障面についてどのような社会づくりを進めていくのかが問われている。本書は、これからの日本および地域社会を構想し、あるべき政策を体系的に提唱する。

著書をもっと見る

講演・学会報告

講演日 講演タイトル 主催
2024年02月06日 VOD研修 「ジェロントロジー(老年学)と行政書士の関わりについて」 日本行政書士会連合会
2023年11月10日 GSA2023大会 「日本におけるジェロントロジー教育の展開」 GSA(Gerontological Society of America;全米ジェロントロジー学会)
2023年11月08日 令和5年度 高齢社会フォーラム パネルディスカッション 「エイジレス社会の構築に向けて」 内閣府

講演・学会報告をもっと見る

TV出演

放送日 内容 番組名
2022年01月23日 長寿と経済成長 文化放送 「ハート・リング健康Radio」
2020年04月19日 ジェロントロジーと認知症 文化放送 「ハート・リング健康Radio」
2020年04月12日 ジェロントロジーと認知症 文化放送 「ハート・リング健康Radio」

TV出演をもっと見る

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル
2023年09月21日 読売新聞 朝刊 31面 貢献続けて「長生きの価値」 老年学、加齢の課題に焦点
2022年01月07日 日本経済新聞 朝刊 1面 成長の未来図 高齢化の不安 乗り越える センテナリアンの挑戦
2018年04月02日 北海道新聞 朝刊 10面 くらし ミドル世代 「地域参加など多様な生き方を」

新聞掲載をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2023年09月号 KINZAI Financial Plan 4-9P 定年と生き方モデルの考察~理想のセカンドライフの実現を
2023年01月号 金融ジャーナル 42-57P 2050年の未来
2022年12月号 月刊日本行政 12-16P ジェロントロジー~長寿時代のリスクとニーズ~

雑誌等掲載をもっと見る

受託実績

年度 タイトル
2017年度

多様な社会資源を活かした「地域包括ケア推進」環境づくりに関する調査研究事業(略称:地域包括マッチング事業)
日本の未来に欠かすことのできない「地域包括ケアシステム」の整備に向けて新たなアプローチをはかる事業を展開。地域包括ケアを産官学協働のまちづくりとして推進することを目的に、地域包括ケア推進にあたって外部の力を求めたい「自治体」と、地域包括ケアに協力できる「大学や企業等」を”つなぐ”ことを支援した事業。地方厚生局(北海道、関東信越、東海北陸)と協働して、各地で啓発シンポジウムを開催する他、産官学関係者が顔を合わせるマッチングイベントも開催。

厚生労働省

  • 公開中
2015年度

地⽅の⼈⼝減少を勘案した将来の⼈⼝動向等の分析に関する調査

東京都

  • 非公開
2015年度

活力あふれるビンテージ・ソサエティの実現に向けた取組みに関する基礎調査

株式会社電通

受託実績をもっと見る

所属部署

週間アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る