個人年金

少子・高齢化が進む中、財政破綻を招かないためには、消費税増税をはじめとする負担の増加とあわせて公的年金を含む社会保障関係費用の支出の見直しが避けられません。この「個人年金」の一覧では、削減が避けられない公的年金を補完し今後ともますます重要性を増す個人年金について、その商品性、加入動向、税制優遇などの自助努力を支える制度等について、先行する海外事例を交えわかりやすい解説、提言を行います。

年で絞り込む

2010年09月22日

Role of public and private pension benefits in financing elderly household consumption-Comparison of OECD countries

1――Introduction: Aging and its implications for the pension system2――International com...

続きを読む

Tatsuya Ishikawa

Tatsuya Ishikawa

Economic Research Department

レポート