中国・アジア保険事情

アジア主要国の生保市場の規模(米ドル建て収入保険料)は、日本市場の約85%の規模に達し年々世界市場における存在感が増しています。また、アセアンの後発加盟国であるカンボジア・ラオス・ミャンマーの保険市場は未発達で法規制の整備も不十分ですが、将来の発展を予期して欧州、カナダ、アジアの保険企業が進出を始めており、保険市場の状況・変化にも注視が必要と思われます。この「中国・アジア保険事情」の一覧では、中国、アジアNIES、アセアン、インド等成長を続けるアジアの保険市場について最新の情報をまとめ解説します。とりわけ急拡大する中国市場については地域別の販売状況、商品内容、販売チャネル、銀行窓販等の最新の動向をタイムリーにレポートします。

年で絞り込む

2017年01月31日

Overseas Property Investments by Asian Insurers-Chinese Insurers Emerge as Global Main Players-

Asian insurers have noticeably increased property investments in recent years backed by t...

続きを読む

mamoru masumiya
2016年08月30日

Asian Insurers, Increasingly Influential Property Investors-Mainland Chinese Insurers Follow Taiwanese and Koreans-

Asian insurers have noticeably increased property investments in recent years. Followin...

続きを読む

mamoru masumiya

レポート