2020年05月27日

日本株、下落前の水準に戻るのに3年以上かかる可能性

金融研究部 主任研究員 前山 裕亮

このレポートの関連カテゴリ

文字サイズ

■要旨
 
  • 現在、日本株式はPBRが1倍をやや上回った水準にある。
     
  • 当面、企業業績が低迷し、資本コストを上回るだけ収益が上がらず、株価はPBR1倍前後の水準が続くと思われる。
     
  • PBRが1倍程度の株価水準が続いた場合、今後3年では急落前の水準に戻らない可能性が高い。
     
■目次

1――半値戻した日本株式
2――PBR1倍前後の水準が続く可能性
3――株価は3年で元の水準に戻るのか
4――終わりに
Xでシェアする Facebookでシェアする

このレポートの関連カテゴリ

金融研究部   主任研究員

前山 裕亮 (まえやま ゆうすけ)

研究・専門分野
株式市場・投資信託・資産運用全般

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【日本株、下落前の水準に戻るのに3年以上かかる可能性】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

日本株、下落前の水準に戻るのに3年以上かかる可能性のレポート Topへ