2021年03月19日

コロナ禍のバランス型ファンド

金融研究部 准主任研究員   前山 裕亮

このレポートの関連カテゴリ

イデコ(iDeCo) 投資信託 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • バランス型ファンドは2020年2-3月のコロナ・ショックで、分散投資の効果があまり効かず下落した。ただ、ショック後は一転して反発し、多くのファンドが足元では基準価額がショック前の元の水準まで戻っている。
     
  • バランス型ファンドを保有している投資家にとっては、ショック時に基準価額が下がったところで売却せずに保有し続けてさえいれば、ショックの影響は軽微であったといえるだろう。
     
  • なお、バランス型ファンドの中で組入比率を機動的に変更しているファンドがあるが、そのようなファンドは一長一短あり、コロナ禍で必ずしも高パフォーマンスをあげているわけではなかった。コロナ禍でのパフォーマンスを見る限りでは、こうしたファンドを積極的に選ぶ必要はないのかもしれない。


■目次

1――はじめに
2――分散効果が限定的だったコロナ・ショック
3――コロナ・ショックでの下落幅はリスク性資産の組入れ具合に左右
4――ショック後はショック時の下落以上に反発
5――組入比率を機動的に変更しているファンドでは?
6――TAA型は明確な違いが確認できず
7――リスク・コントロール型はショック後の回復局面で劣後
8――最後に
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

金融研究部   准主任研究員

前山 裕亮 (まえやま ゆうすけ)

研究・専門分野
株式市場・資産運用

アクセスランキング

レポート紹介

【コロナ禍のバランス型ファンド】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

コロナ禍のバランス型ファンドのレポート Topへ