2020年09月17日

日本株、今後のカギを握る来期業績

金融研究部 准主任研究員   前山 裕亮

このレポートの関連カテゴリ

株式 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • 日本株式は高値圏で推移しており、今後の企業業績の改善を織り込んだ水準にあると思われる。
     
  • 来期の業績予想は現時点で楽観的になっている可能性があるため、今後の動向には注意が必要である。
     
  • 個別でみると、まだまだ来期業績の改善を半信半疑の投資家も多いことがうかがえる。

■目次

1――6月以降、高値圏で推移
2――期待先行の株高
3――来期業績を楽観視している可能性も
4――これから始まる中間決算は特に注意が必要
5――個別では慎重な姿勢も
6――最後に
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

27924_ext_01_0.jpg

金融研究部   准主任研究員

前山 裕亮 (まえやま ゆうすけ)

研究・専門分野
株式市場・資産運用

アクセスランキング

レポート紹介

【日本株、今後のカギを握る来期業績】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

日本株、今後のカギを握る来期業績のレポート Topへ