2019年10月28日

日本株、高値圏を維持できるか~中間決算のハードルが上がった可能性~

金融研究部 准主任研究員   前山 裕亮

このレポートの関連カテゴリ

株式 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
  • 日本株式は9月から引き続き10月も上昇した。
     
  • 米中問題に対する楽観視や為替市場で円安にふれたことなどもあるが、それに加えて企業業績の底打ち期待もあった。
     
  • 日本株式が高値圏を維持するには、米中問題がこのまま小康状態が続くことに加えて、企業業績が実際に底打ちしてくることも必要となるだろう。

■目次

1――10月も続伸した日本株式
2――続伸の背景には、企業業績の底打ち期待も
3――高値圏を維持する条件は
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

金融研究部   准主任研究員

前山 裕亮 (まえやま ゆうすけ)

研究・専門分野
株式市場・資産運用

アクセスランキング

レポート紹介

【日本株、高値圏を維持できるか~中間決算のハードルが上がった可能性~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

日本株、高値圏を維持できるか~中間決算のハードルが上がった可能性~のレポート Topへ