2021年06月03日

日本株式は高値圏を維持できるか

金融研究部 准主任研究員   前山 裕亮

このレポートの関連カテゴリ

株式 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • 日本株式はバブル後、最高値圏にあるが、2021年度に入ってから外部環境が重しになり、ほぼ横ばいで推移している。
     
  • 今後も外部環境に左右される展開が続くと思われるが、外部環境の変化と合わせて企業業績の動向にも注意が必要だと思われる。
     
  • もし外部環境が順風満帆、かつ企業業績も好調な場合、現在の株価水準から10%ほど上昇余地があるかもしれない。
     
  • なお、予想PERを元にTOPIXの割高、割安といった株価の水準を考えることは、ソフトバンクグループ一銘柄の業績動向の影響が大きく、注意が必要かもしれない。


■目次

1――バブル後、最高値圏にいる日本株式
2――今後を占う上で重要な企業業績の動向
3――TOPIXの予想PER自体にも注意が必要?
4――上値の目処は足元から10%程度か
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

金融研究部   准主任研究員

前山 裕亮 (まえやま ゆうすけ)

研究・専門分野
株式市場・投資信託・資産運用全般

アクセスランキング

レポート紹介

【日本株式は高値圏を維持できるか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

日本株式は高値圏を維持できるかのレポート Topへ