2022年03月11日

資源高などへの耐久力が問われる日本株式

金融研究部 准主任研究員   前山 裕亮

このレポートの関連カテゴリ

株式 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • 日本株式はウクライナ情勢の緊迫化により下落し、TOPIXが2021年の上昇分をすべて吐き出した水準にある。
     
  • 株価や予想PERなどは低位にあるが、業績悪化懸念があるため、単純にそれらの水準から割安とは言えなくなってきている。
     
  • 今後、日本株式はウクライナ情勢と合わせて、日本企業の企業業績の動向、資源高などへの耐久力にも左右されるだろう。


■目次

1――地政学リスクが意識され下落
2――割安とはいえない状況
3――企業の出す業績見通しに注目
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

金融研究部   准主任研究員

前山 裕亮 (まえやま ゆうすけ)

研究・専門分野
株式市場・投資信託・資産運用全般

アクセスランキング

レポート紹介

【資源高などへの耐久力が問われる日本株式】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

資源高などへの耐久力が問われる日本株式のレポート Topへ