2022年01月21日

割安感、高まる日本株式

金融研究部 准主任研究員   前山 裕亮

このレポートの関連カテゴリ

資産運用 株式 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • 日本株式は2022年に入って米金融政策の動向やそれに伴う米国株式の下落が嫌気され、大きく下落している。
     
  • 今後も米金融政策などの外部環境の変化に左右される展開が続くが、TOPIX1,900ポイント、日経平均株価2万7,000円以下の水準では、割安感による買いが株価を下支えしてくれることも期待できると思われる。
     
  • ただし、現時点では可能性が低いものの、もし企業業績が崩れるようなことがあるならば、日本株式は低迷が長期化することも考えられるため注意が必要である。


■目次

1――米金融政策の動向によって急落
2――割安感に注目した買いに期待
3――最大のリスクは企業業績の悪化
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

金融研究部   准主任研究員

前山 裕亮 (まえやま ゆうすけ)

研究・専門分野
株式市場・投資信託・資産運用全般

アクセスランキング

レポート紹介

【割安感、高まる日本株式】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

割安感、高まる日本株式のレポート Topへ