2021年09月17日

これから注意が必要な米国株式

金融研究部 准主任研究員   前山 裕亮

このレポートの関連カテゴリ

株式 投資信託 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • 投資家の米国株式への投資意欲は強いが、今後、米国株式は投資家にとって我慢が必要な展開になる場合もあるため、米国株式を投資する際は余裕を持った投資を心がけたい。
     
  • これまで米国株式は米国の金融政策・低金利と企業業績の急激な回復・拡大の2つの要因によって上昇が続いていたが、今後、この2つの要因とも消失する可能性がある。
     
  • 特に金融政策・低金利以上に企業業績の拡大鈍化は警戒すべきことだと考えているが、早ければこの秋以降に市場で企業業績の拡大鈍化が意識されるかもしれない。
     
  • 米国株式は9月に入って方向感が乏しい展開が続いているが、米国企業の業績拡大の鈍化を見越した動きであるならば、再び上昇基調に転じるのに時間がかかることも考えられる。


■目次

1――引き続き買われている米国株式
2――米株高を支えた2つの要因が消失?
3――金融政策以上に業績急拡大の一服が怖い
4――余裕を持った投資を
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

金融研究部   准主任研究員

前山 裕亮 (まえやま ゆうすけ)

研究・専門分野
株式市場・投資信託・資産運用全般

アクセスランキング

レポート紹介

【これから注意が必要な米国株式】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

これから注意が必要な米国株式のレポート Topへ