2021年06月21日

米国株式に今から投資ってどうなの?

金融研究部 准主任研究員   前山 裕亮

このレポートの関連カテゴリ

NISA(ニーサ) 資産運用 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • 米国株式に投資する投資家が増えているが、高値警戒感や先行きの不透明感から今から米国株式に投資することを敬遠している投資家も多いと思われる。
     
  • 現在の米国株式は割安感に乏しいことは間違いないが、低金利下であることを考慮すると、必ずしも割高とも言い切れない水準にある。
     
  • これまでのような上昇は望めないものの、今後も金利の上昇スピードよりも業績拡大スピードの方が速く、米国株式が緩やかに上昇していく可能性がある。
     
  • 米国の金融政策の悪影響を過度に警戒して米国株式を投資することを控えていると、収益機会を逃す、つまり機会損失となるかもしれない。
     
  • ただ、先行きの不透明感も高く、米国株式の値動きが一時的に激しくなることも想定されるため、今から米国株式に投資する場合は投資タイミングを分散させて投資することが、ベストとは言えないが失敗しにくいベターな方法であるように思われる。


■目次

1――足元、高まっている米国株式への投資熱
2――株価や株価指標は投資しにくい水準で推移
3――株価を考える上で金融政策の考慮も必要
4――実は割高とも言い切れない水準
5――投資を躊躇していると機会損失になる可能性も
6――最後に
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

金融研究部   准主任研究員

前山 裕亮 (まえやま ゆうすけ)

研究・専門分野
株式市場・資産運用

アクセスランキング

レポート紹介

【米国株式に今から投資ってどうなの?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国株式に今から投資ってどうなの?のレポート Topへ