2019年08月23日

なぜ日本株式の先行きは過度に悲観しなくていいのか

金融研究部 准主任研究員   前山 裕亮

このレポートの関連カテゴリ

株式 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
  • 日本株式は8月上旬に下落し、中旬以降も低位で推移している。
     
  • 予想PERは低水準にあるが、業績の不透明感が大きいため、今後も上値が重い展開が続くと予想される。
     
  • ただ、解散価値(自己資本)が株価をある程度下支えしてくれることが期待できるため、日本株式の先行きに対して過度に悲観する必要もないと思われる。

■目次

1――8月に再び下落した日本株式
2――業績の不透明感が重し
3――それでも底堅い可能性
4――最後に
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

金融研究部   准主任研究員

前山 裕亮 (まえやま ゆうすけ)

研究・専門分野
株式市場・資産運用

アクセスランキング

レポート紹介

【なぜ日本株式の先行きは過度に悲観しなくていいのか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

なぜ日本株式の先行きは過度に悲観しなくていいのかのレポート Topへ