2023年09月28日

プチ・バブルが懸念される米国株式

金融研究部 主任研究員 前山 裕亮

このレポートの関連カテゴリ

文字サイズ

■要旨
 
  • 米国株式は2023年に入って上昇し、高値圏での推移が続いている。2023年は円安も進行したため、特に円建てでみると日本株式並みに上昇している。
     
  • 6月以降、米国株式投信の買付も膨らんでおり、米国株式が高値圏での推移が続く中でも積極的に投資する個人投資家が増えている様子である。
     
  • しかし、米国株式自体は生成AIなどによる今後の利益成長を織り込んでいるだけかもしれないが、割高でプチ・バブルになっている可能性もある。
     
  • 現時点では単なる期待先行なのか期待過剰なプチ・バブルなのか分かりかねるため、あまり楽観視しない方がよいと思われる。


■目次

1――高値圏での推移
2――膨らむ米株投信への買付
3――指標上では割高
4――期待先行か、それともプチ・バブルか
5――最後に
Xでシェアする Facebookでシェアする

このレポートの関連カテゴリ

金融研究部   主任研究員

前山 裕亮 (まえやま ゆうすけ)

研究・専門分野
株式市場・投資信託・資産運用全般

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【プチ・バブルが懸念される米国株式】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

プチ・バブルが懸念される米国株式のレポート Topへ