2019年03月04日

個別銘柄投資が難しい理由~ビギナーズ・ラックが続かないわけ~

金融研究部 准主任研究員   前山 裕亮

証券市場 年金資産運用 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
  • 個別銘柄投資は特定の企業の株式(銘柄)に投資する身近な資産運用の一つであるが、難しいことが一般的に知られている。
     
  • 個別銘柄投資が難しい理由として、当たり外れが大きいこと、大きく上昇する銘柄が少ないことの2つが考えられる。
     
  • 実際に投資期間が長いほど収益率の銘柄間格差が大きく、また大きく上昇している銘柄が少ない傾向があった。さらに、上昇相場ほど大きく上昇している銘柄が少なく、少数の銘柄が大きく上昇して株式市場をけん引している傾向もあった。
     
  • 個別銘柄投資で上手く運用するには銘柄選択が重要であり、それに加えて少数の銘柄に集中投資をせずに、ある程度の数の銘柄に分散して投資をすることが必要であると思われる。
■目次

1――はじめに
2――当たり外れが大きく、確率的には上手くいきにくい
3――投資期間が長いほど顕著に
4――株式市場をけん引する銘柄が存在
5――さいごに
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
27924_ext_01_0.jpg

金融研究部   准主任研究員

前山 裕亮 (まえやま ゆうすけ)

研究・専門分野
株式市場・資産運用

レポート

アクセスランキング

【個別銘柄投資が難しい理由~ビギナーズ・ラックが続かないわけ~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

個別銘柄投資が難しい理由~ビギナーズ・ラックが続かないわけ~のレポート Topへ