松澤 登

生活研究部 部長

松澤 登(まつざわ のぼる)

研究・専門分野
生活研究部統括

松澤 登のレポート

2016年07月25日

超高齢化社会の“相続問題”‐相続人以外の貢献にどう報いるか-相続法改正中間試案シリーズ(4)(完)

53451_ext_03_0_S.jpg

相続法改正中間試案からトピックスを取り出して紹介するこのシリーズも本稿を持って一旦、完結としたい。本稿で取り上げるテーマは「相続人以外の者の貢献を考慮する...

続きを見る

2016年07月19日

超高齢化社会の“相続問題”-預金払戻トラブルをなくすには-相続法改正中間試案シリーズ(3)

53414_ext_03_0_S.jpg

本稿で相続法改正の中間試案を取り上げるのは三度目となる。今回、取り上げるのは被相続人の預金の取扱である。預金とは正確に言えば、預金債権という財産権のひとつ...

続きを見る

2016年07月11日

超高齢化社会の“相続問題”-配偶者の相続分のあり方とは-相続法改正中間試案シリーズ(2)

53357_ext_03_0_S.jpg

本稿では前回に引き続き、相続法改正に関する中間試案 の個別論点について解説を加えてみたい。中間試案の概要と相続手続の簡単な解説はシリーズ(1)「超高齢化社会...

続きを見る

2016年06月29日

超高齢化社会で浮き彫りになる“相続問題”への解決策とは-相続法改正中間試案シリーズ(1) 

53272_ext_03_0_S.jpg

現在、法制審議会の民法(相続関係)部会では、相続法(民法の一部)の改正議論が行なわれている。相続法制が議論されるようになったそもそものきっかけは、嫡出でな...

続きを見る

2016年04月13日

減るか投資詐欺。金融商品取引法改正についてあなたが知っておくべきこと

悪質な投資ファンドによる消費者、特に高齢者の被害が多発している。投資ファンドの中には運用規制や販売規制などのルールが緩やかな、いわゆるプロ向けファンドと呼...

続きを見る

2016年03月07日

遠くに住む両親は大丈夫?特定商取引法を深く知り、悪徳商法の撃退を

52450_ext_03_0_S.jpg

特定商取引に関する法律(特商法)という法律をご存知だろうか。以前は、訪問販売法といったが、マルチ商法や内職モニター商法など幅広い商取引をカバーするようにな...

続きを見る

2016年01月18日

高齢者を狙う不適正商法への新たな対抗策―消費者契約法の改正では消費者保護の要請と健全な事業活動確保とのバランスも重要

52004_ext_03_0_S.jpg

1月7日に消費者委員会本会議が開催され、消費者契約法と特定商取引法の二つの法律に関する報告と答申がなされた。これらはひとつには超高齢社会を迎えた日本におけ...

続きを見る

2015年12月24日

保険業法の法改正は保険比較サイトのあり方を変えるか?そして消費者契約法改正の動向は


昨今、商品の販売手法あるいは消費行動が多様化している。これまではTVCMやチラシなどの「広告」を見て、販売店に足を運んで商品を買うといった消費行動が普通で...

続きを見る

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る