2022年01月17日

ベトナム保険市場(2020年版)

保険研究部 常務取締役 研究理事 兼 ヘルスケアリサーチセンター長・ジェロントロジー推進室研究理事兼任   松澤 登

ASEAN 中国・アジア保険事情 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

ベトナムは東南アジアに位置し、東南アジア諸国連合(アセアン)に加盟する発展途上国で、第二次大戦後も戦争が続いたため経済発展が遅れてきたが、1986年に採用されたドイモイ(刷新)政策の下で経済発展が続いてきた。
 
2020年始からの新型コロナ禍の影響を当初あまり受けてこなかったベトナムであるが、2021年夏以降、感染の大きな波が来たことを受け、政府が厳格なロックダウンを行い、国際サプライチェーンに支障をきたすなど経済に大きな影響を与えた。
 
他方、生命保険業界にとってはいまのところ新型コロナ禍の影響は大きくなく、引き続き販売拡張が継続している。
 
ベトナムの生命保険業界においては従来、貯蓄型・投資型生命保険の販売比率が高かったが、2020年は収入保険料ベースで投資連動型保険の販売占率が77.74%となる一方、貯蓄性保険である養老保険の販売占率が6.70%まで縮小し、リスク選好志向がより明確になった。
 
生命保険会社の保有契約シェア順位(収入保険料ベース)に変動はなかったが、マニュライフが、新契約シェア(収入保険料ベース)で2018年以降、首位を維持している。

■目次

1――はじめに
2――保険市場の概況
3――新契約の状況
4――保有契約の状況
5――販売チャネル
6――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   常務取締役 研究理事 兼 ヘルスケアリサーチセンター長・ジェロントロジー推進室研究理事兼任

松澤 登 (まつざわ のぼる)

研究・専門分野
保険業法・保険法|企業法務

アクセスランキング

レポート紹介

【ベトナム保険市場(2020年版)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ベトナム保険市場(2020年版)のレポート Topへ