2023年09月27日

改正ベトナム保険事業法(2)-契約総論(その1)

保険研究部 常務取締役 研究理事 兼 ヘルスケアリサーチセンター長 松澤 登

文字サイズ

■要旨

2023年1月から施行された改正ベトナム保険事業法の第二回目の解説である。今回の解説は契約総論の前半部分である。
 
ベトナム保険事業法は日本における保険業法のように保険企業等の規制を規定しているばかりではなく、日本の保険法で定めている保険契約に関する規定も定めている。

今回解説するのは、大きくは(1)保険契約の原則、(2)保険企業等・保険契約者の権利義務、(3)説明義務違反・告知義務違反の効果である。
 
(1) 保険契約の原則は、例えば最大誠実の原則など、保険契約の要素として学術書等で記載される内容を定めているものである。日本の保険法では必ずしも明文化されていないものもあり、ベトナム保険事業法に特徴的な規定である。
 
(2) 保険企業等・保険契約者の権利義務であるが、日本ではたとえば保険料の収受や告知義務など、制度ごとに当事者の権利義務を規定しているところ、ベトナム保険事業法ではまとめて権利義務を規定しているところに特徴がある。
 
(3) ベトナム保険事業法は説明義務違反、告知義務違反ともに契約取消ができると規定する。日本では説明義務違反では損害賠償にとどまるのが通例であるため、ベトナムに特徴的な規定と言える。

■目次

1――はじめに
2――保険契約一般(15条~21条)
  1|保険契約の種類・保険の原則
  2|保険企業等の権利義務
  3|保険契約者の権利義務
3――保険契約の効力(22条~23条)
  1|情報提供義務・告知義務違反の効果
  2|保険の対象となる危険の変動
4――おわりに
Xでシェアする Facebookでシェアする

保険研究部   常務取締役 研究理事 兼 ヘルスケアリサーチセンター長

松澤 登 (まつざわ のぼる)

研究・専門分野
保険業法・保険法|企業法務

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【改正ベトナム保険事業法(2)-契約総論(その1)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

改正ベトナム保険事業法(2)-契約総論(その1)のレポート Topへ