2021年06月16日

デジタル・プラットフォーマーと競争法(4)-Appleを題材に

保険研究部 常務取締役 研究理事 兼 ヘルスケアリサーチセンター長・ジェロントロジー推進室研究理事兼任   松澤 登

デジタルトランスフォーメーション(DX) 法務 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

Appleは、iPhoneやiPadなどのデジタル端末の販売と、アプリストア経由で各種デジタルサービスを提供あるいは仲介する巨大なデジタルプラットフォーム事業者である。スマートフォンに限れば、GoogleのAndroid端末とAppleのiOS端末とで市場をほぼ二分している。
 
Appleは巨大であるが故、競争法の問題が指摘され、実際に調査を受け、あるいは訴訟を提起されている。欧州では競争法当局である欧州委員会が、iOS端末のアプリストアであるApp Storeでのアプリ販売にあたって、アプリ内課金システムの利用を強制し、30%の手数料を徴収することの問題につき調査を行った。
 
2021年4月欧州委員会は音楽ストリーミングサービスにおいて、アプリ内課金システムの利用を強制し、App Store経由以外の楽曲購入を禁止し、30%もの手数料を課したことが市場独占力の濫用に該当するとの暫定的な見解を示した。
 
米国では、2020年8月にエピックゲーズムが自社のフォートナイトというゲームにおいて、Appleのアプリ内課金システムを迂回する自社課金システムを仕組んだバージョンを配布した。これを受け、Appleは、エピックゲーズムのゲームをApp Storeから削除等した。これに対して、エピックゲーズムはAppleの行為は競争法違反として、削除行為の仮差し止めを求めた。北カルフォルニア連邦地裁は2020年10月にエピックゲーズムの一部主張を認めたが、ゲームの削除の差し止めは認めなかった。
 
欧州委員会の調査はSpotifyという音楽ストリーミングサービスからの申立を受けて行ったもので、AppleにもApple Musicという競合サービスがあったことが競争法違反を認める暫定的な見解の前提になっているという当該見解の射程の問題はある。しかし、アプリストアの市場における重要性を考慮すると、アプリストア全体に関して、何らかの形で競争の回復が求められることになりそうである。

■目次

1――はじめに
2――Appleのビジネスモデル
  1|アップルの製品とサービス
  2|アプリストア
3――欧州委員会による競争法違反の調査
  1|アプリストアに対する調査開始
  2|アップルペイに対する調査開始
  3|音楽ストリーミングサービスにおけるEU委員会の暫定的見解
4――米国での訴訟動向
  1|エピックゲーズムによる差し止め訴訟の提起
  2|エピックゲームズの主張
  3|その後の動き
5――検討
  1|報告書における考え方
  2|欧米の調査・訴訟の行方
6――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   常務取締役 研究理事 兼 ヘルスケアリサーチセンター長・ジェロントロジー推進室研究理事兼任

松澤 登 (まつざわ のぼる)

研究・専門分野
一般法務、企業法務、保険法・保険業法

アクセスランキング

レポート紹介

【デジタル・プラットフォーマーと競争法(4)-Appleを題材に】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

デジタル・プラットフォーマーと競争法(4)-Appleを題材にのレポート Topへ