2019年12月12日

EUのデジタルプラットフォーマー規則

保険研究部 取締役 研究理事・ジェロントロジー推進室兼任   松澤 登

規制・制度改革 IT・ベンチャービジネス などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

GAFAなどのデジタルプラットフォーマーは、個人データ等を蓄積することを通じ、デジタルプラットフォームを利用する事業者に対して、大きな影響力を及ぼすことができるようになってきた。政府からは、デジタルプラットフォーマーと利用事業者との間の取引を透明化する法案を提出する方向性が示されている。
 
この点に関し、EUではデジタルプラットフォーマーの取引を透明化するための規則が制定・公布され、2020年7月より効力が発生することとされている。規則は商品・サービスを仲介するオンライン仲介サービス企業と、ウェブページを検索するオンライン検索エンジン企業とをその規制対象としている。
 
規則では、オンライン仲介サービス企業につき、利用事業者との間で締結する契約に一定の条項を定めるべきことや、仲介サービスを停止・解除する場合に所定の手続を経るべきこと、また、収集される個人データ等を利用できる者やその範囲・条件等を明確化すべきこと等が求められている。
 
また、オンライン仲介サービス企業とオンライン検索エンジン企業共通の規律として、ランキングがどのような変数(parameters)に基づいて算出されているかを明確にすること、またオンライン仲介サービス企業等自身が提供する商品・サービスと、他の事業者・ウェブ開設者の提供する商品・サービスとで差別化された取扱をする場合は、その旨と根拠を示すことが求められている。
 
EUの規則は日本での立法作業に当たって参考になる。日本でも、イノベーションを阻害せず、かつ公正な取引を促進するために、デジタル社会における法的なインフラとして早期の立法が望まれる。

■目次

1――はじめに
2――公布されたEU規則
  1|経緯
  2|オンライン仲介サービスのビジネスユーザーへの公平性・透明性促進規則
3――EU規則の概要
  1|適用範囲
  2|オンライン仲介サービス企業の契約条項に設けるべき条項
  3|オンライン仲介サービス企業による事業者へのサービスの制限、停止、解除
  4|オンライン仲介サービスにおける個人データ等の利用
  5|オンライン仲介サービスとは別のチャネルを通じたサービス・商品の提供の制限
  6|ランキング
  7|差別化された取り扱い
4――紛争解決
5――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   取締役 研究理事・ジェロントロジー推進室兼任

松澤 登 (まつざわ のぼる)

研究・専門分野
一般法務、企業法務、保険法・保険業法

アクセスランキング

レポート紹介

【EUのデジタルプラットフォーマー規則】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

EUのデジタルプラットフォーマー規則のレポート Topへ