2019年09月03日

検討が進む「デジタル市場のルール整備」~高まる消費者の個人情報保護への意識~

総合政策研究部 主任研究員   中村 洋介

規制・制度改革 企業経営・産業政策 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
  • 巨大IT企業を念頭に、「デジタル市場のルール整備」が検討されている。
     
  • 今年の6月に閣議決定された成長戦略においても、プラットフォームビジネスについてのルール整備等を所管する専門組織の創設や、デジタル市場における取引慣行等の透明性や公正性確保に向けた法案作り等が盛り込まれた。
     
  • この一環として、8月末には公正取引委員会が、デジタル・プラットフォーマーと消費者との取引において、独占禁止法上の「優越的地位の濫用」規制を適用することについて、その考え方を公表した。こうした動きは、企業のデータ利活用における個人情報の適切な取扱いに向けて、改めて警鐘を鳴らすことになりそうだ。
     
  • 足もと、大手就職情報サイト運営企業の「内定辞退率予測」問題を受けて、日本企業に対する風向きも厳しくなりつつある。
     
  • データ利活用に向けた機運が高まり、ビジネスチャンスも大きくなる一方で、消費者の個人情報に対する不安や懸念も高まりつつある。消費者の不安や懸念を解消することはもちろん、企業が過度にデータ利活用に躊躇することがないように、デジタル市場のルール整備に向けた議論が進んでいくことに期待したい。

■目次

1――成長戦略に盛り込まれた「デジタル市場のルール整備」
2――デジタル・プラットフォーマーによる対消費者取引に対する優越的地位の濫用規制
3――高まる個人情報保護への意識 
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

総合政策研究部   主任研究員

中村 洋介 (なかむら ようすけ)

研究・専門分野
日本経済、ベンチャー

アクセスランキング

レポート紹介

【検討が進む「デジタル市場のルール整備」~高まる消費者の個人情報保護への意識~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

検討が進む「デジタル市場のルール整備」~高まる消費者の個人情報保護への意識~のレポート Topへ