2023年11月29日

改正ベトナム保険事業法(5)-生命保険・医療保険(その1)

保険研究部 常務取締役 研究理事 兼 ヘルスケアリサーチセンター長 松澤 登

文字サイズ

■要旨

2023年1月施行の改正ベトナム保険事業法の解説の5回目である。今回は生命保険契約・医療保険制度の1回目である。ポイントは3点である。
 
1点目は、生命保険契約・医療保険契約においては、保険契約者と被保険者の関係が親族であるか、雇用関係や経済的関係があるなどの保険加入を正当化できる関係であることを求めることである。生命保険加入には被保険者同意を求めるので、純粋な親族主義ではないが、特徴的である。
 
2点目は、クーリングオフが保険証券受領後21日間も行使が可能なことである。ただし、対象となる保険契約は10年以上の保険期間を有する契約に限定され、かつ保険企業等が必要なコストを控除することが可能となっている。
 
3点目は、生命保険契約加入時に、生命保険契約が成立又は不成立となるまでの間に暫定保険を締結しなければならないことである。生命保険契約が不成立であった場合でも暫定保険期間内に事故が発生した場合には暫定保険の保険金が支払われるものと思われ、特徴的な制度である。

■目次

1――はじめに
2――生命保険契約・医療保険契約の保障対象等(33条~34条)
  1|生命保険契約・医療保険契約の保障対象(33条)
  2|生命保険契約・医療保険契約で保障可能な利益(34条)
3――保険契約加入時の取扱い(35条~37条)
  1|保険契約加入時の考慮期間(35条)
  2|生命保険の暫定保険(36条)
  3|保険料の支払(37条)
4――保険金支払いと第三者(38条)
5――おわりに
Xでシェアする Facebookでシェアする

保険研究部   常務取締役 研究理事 兼 ヘルスケアリサーチセンター長

松澤 登 (まつざわ のぼる)

研究・専門分野
保険業法・保険法|企業法務

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【改正ベトナム保険事業法(5)-生命保険・医療保険(その1)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

改正ベトナム保険事業法(5)-生命保険・医療保険(その1)のレポート Topへ