2023年10月24日

改正ベトナム保険事業法(3)-契約総論(その2)

保険研究部 常務取締役 研究理事 兼 ヘルスケアリサーチセンター長 松澤 登

文字サイズ

■要旨

2023年1月より施行された改正ベトナム保険事業法の解説の3回目である。今回は、保険事業法の契約総論の第2回目(法24条~27条)を解説する。
 
法24条は約款作成者不利の原則を規定する。国際的にも一般的な解釈原則だが明文化されているところに特徴がある。
 
法25条は保険契約の無効である。被保険利益が契約時に存在しない場合や詐欺による保険加入など、日本では保険法あるいは民法によって無効あるいは取消ができる事項が列挙されている。
 
法26条は保険契約の一方的終了(=解約または解除)を定める。特徴的なのは、被保険者が火災防止や安全対策を実施しなかったことによる保険企業等からの契約解除である。このような法律は日本に存在しない。
 
法27条は法26条で一方的終了した場合の契約の取扱いや解約返戻金・未経過保険料の取扱いである。これはほぼ日本の保険法と同様である。

■目次

1――はじめに
2――保険契約の解釈 (24条~25条)
  1|保険契約の解釈の原則(24条)
  2|保険契約の無効(25条)
3――保険契約の効力(26条~27条)
  1|保険契約の一方的終了(26条)
  2|保険契約の一方的終了の法的効果(27条)
4――おわりに
Xでシェアする Facebookでシェアする

保険研究部   常務取締役 研究理事 兼 ヘルスケアリサーチセンター長

松澤 登 (まつざわ のぼる)

研究・専門分野
保険業法・保険法|企業法務

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【改正ベトナム保険事業法(3)-契約総論(その2)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

改正ベトナム保険事業法(3)-契約総論(その2)のレポート Topへ