2021年08月12日

提案されたEUのデジタルサービス法案-Digital Services Act

保険研究部 常務取締役 研究理事 兼 ヘルスケアリサーチセンター長・ジェロントロジー推進室研究理事兼任   松澤 登

デジタルトランスフォーメーション(DX) 法務 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

2020年12月に欧州委員会は、デジタル社会における違法なコンテンツが流通することを防止するための規制(Regulation)案として、デジタルサービス法案(Digital Services Act、DSA)を公表した。
 
DSAは欧州域内市場におけるデジタルな仲介サービスの提供に関して調和のとれたルールを導入するものであり、具体的には、以下を定めている。

(1) 仲介サービス提供者の違法コンテンツを流通させたことに関する責任の免除のルール
(2) 仲介サービス提供者の特定のカテゴリー(一般の仲介サービス提供者、オンラインプラットフォーム提供者、特に大きなオンラインプラットフォーム提供者)ごとに設定された誠実義務(due diligence)のルール
(3) DSAの導入と執行に関するルール、特に管轄当局の協調と連携のルール
 
DSAは、日本のプロバイダ責任制限法に近い性質を有するが、規制適用範囲が広いと同時に、さまざまな監督規定・手続き規定からなっており、今後の日本の健全なデジタル社会形成に向けた法制度整備の参考にできうるものとして注目する必要がある。

■目次

1――はじめに
2――DSAの立法目的・概要(前文及び第1章)
  1|DSAの立法目的
  2|DSAの概要
3――DSAの規制対象(第2章)
  1|仲介サービス提供者の定義
  2|仲介サービス提供者の責任の免除
  3|仲介サービス提供者の基本的な義務
4――透明で安全なオンライン環境のための誠実義務(第3章)
  1|すべての仲介サービス提供者に関する規定
  2|ホスティングサービス提供者に関する追加規定
  3|オンラインプラットフォームに関する追加規定
  4|特に大きなオンラインプラットフォームに関するシステミックリスク管理についての
   追加規定
5――導入・協調・罰則・強制(第4章)
  1|管轄当局と協調
  2|デジタルサービス欧州会議
  3|特に巨大なオンラインプラットフォームの監督
6――検討
  1|規律範囲が広いこと
  2|発信者(投稿者)への対応が手続面から定められていること
  3|仲介サービス提供者にモニタリングが行われること
7――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   常務取締役 研究理事 兼 ヘルスケアリサーチセンター長・ジェロントロジー推進室研究理事兼任

松澤 登 (まつざわ のぼる)

研究・専門分野
保険業法・保険法|企業法務

アクセスランキング

レポート紹介

【提案されたEUのデジタルサービス法案-Digital Services Act】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

提案されたEUのデジタルサービス法案-Digital Services Actのレポート Topへ