2019年10月23日

改正債権法の解説(4)-フリマアプリトラブル、どうなる?

保険研究部 取締役 研究理事・ジェロントロジー推進室兼任   松澤 登

このレポートの関連カテゴリ

保険法制・規制 消費者行動 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

昨今はフリマアプリで個人から物を買うことが行われることが、普通に行われるようになった。個人間の取引では「特定」の物を売買することが多いと思われるが、その「特定」の物に不具合があった場合の対処について改正債権法に沿って解説を行う。
 
まず、物品に契約を解除するほどの重大な不具合があるわけではなく、一応は「契約の目的が達成できる」ものの、品質が満足できるものではなく「契約の目的に適合しない」物の場合は、追完(交換・修繕)請求ができ、追完してもらえない場合は、代金減額請求ができる。
 
他方、物品の不具合が重大で「契約の目的が達成できない」場合は、契約解除をして代金の返還請求ができる。この場合、同時に損害賠償請求が可能であるが、どのようなものが損害かについては個別の事例によって異なる。
 
ネット取引は販売店で物を買うのとは異なり、売り手側、買い手側ともにトラブルに慣れているわけではなく、少額の物から取引を始めるなど「慣れ」を養っていく必要があるのかも知れない。

■目次

1――はじめに
2――売主の契約内容不適合責任
  1|現行民法の規律-瑕疵担保責任
  2|改正債権法の規律―売主の契約内容不適合責任
3――債務不履行の規律
  1|契約の解除
  2|損害賠償請求
4――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

保険研究部   取締役 研究理事・ジェロントロジー推進室兼任

松澤 登 (まつざわ のぼる)

研究・専門分野
一般法務、企業法務、保険法・保険業法

アクセスランキング

レポート紹介

【改正債権法の解説(4)-フリマアプリトラブル、どうなる?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

改正債権法の解説(4)-フリマアプリトラブル、どうなる?のレポート Topへ