福本 勇樹

金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

福本 勇樹(ふくもと ゆうき)

研究・専門分野
リスク管理・価格評価

福本 勇樹のレポート

2021年04月05日

NOMURA-BPI(総合)のリターン悪化の背景

国内債券の主要なインデックスであるNOMURA-BPI(総合)はこの1.5年間ぐらい下降トレンドにある。低金利環境の長期化による構成銘柄のクーポン水準の低...

続きを見る

2021年03月18日

コロナ禍における日本のキャッシュレス化の進展状況


2020年のキャッシュレス決済比率は、キャッシュレス決済の決済額(分子)の増加と民間最終消費支出(分母)の減少によって、29%程度にまで達したものと考えら...

続きを見る

2021年02月16日

ヘッジコストの低下はいつまで継続するか


2021年1月末の米ドル/円のヘッジコスト(資金調達コスト)は2020年1月末と比較して1.6%低下して0.39%であった。ヘッジコストの低下要因として、...

続きを見る

2021年02月03日

リスク・リターンの推移から日本国債への投資について考える

低金利環境が長らく継続したことで、日本国債の期待収益率は低下した。また、最終利回りの低下に加えて、債券発行時のクーポンの水準低下や償還期間の長期化も寄与し...

続きを見る

2021年02月02日

米ドルLIBORの公表停止をめぐる市場予想の変化


2021年1月25日にISDAのプロトコルが発効された。これ以降、ISDAを参照してデリバティブ取引を行う場合、LIBORにリンクする取引についてISDA...

続きを見る

2020年12月14日

米ドルLIBOR公表停止の延期案と金利市場への影響


2020年11月30日にICEが主要な米ドルLIBORの公表停止時期を2023年6月末まで延長する案を提示した。米ドルLIBOR公表停止の延期案を受けても...

続きを見る

2020年07月16日

日本のキャッシュレス化の現在と未来-政府によるポイント還元策の導入効果に対する考察


日本政府は、クレジットカード、デビットカード、電子マネーによる決済を「キャッシュレス決済」と定義し、民間最終消費支出に対するキャッシュレス決済額の比率を大...

続きを見る

2020年07月03日

日本銀行による国債買入れの今後の展望

日本銀行はイールドカーブコントロール導入後より長期国債の買入れペースを減少させてきたが、ネットベースでの買入れ方針について「80兆円めど」から「上限を設け...

続きを見る

2020年05月25日

キャッシュレス化による感染症対策について考える-公衆衛生とデータ利活用に関する問題点の整理


「現金決済の公衆衛生上の問題点を解決する目的でキャッシュレス決済を推奨すべきかどうか」「感染症拡大を阻止する目的での購買履歴データの利活用に問題点や課題は...

続きを見る

2020年04月03日

家計債務からマイナス金利政策について考える

スウェーデン中央銀行は民間債務の膨張による副作用が無視できず、マイナス金利政策の解除に踏み切った。日本においても同様に、マイナス金利政策導入後に家計債務に...

続きを見る

2020年03月26日

ポイント還元策の導入効果と今後のポイント


2019年10月のポイント還元策の導入により、特にクレジットカードによる決済額が増加したことで、キャッシュレス決済比率は27%程度にまで達したものと見られ...

続きを見る

2020年02月05日

口座維持手数料を導入した場合に予想される投資行動の変化

銀行による口座維持手数料の導入について議論が盛り上がっているが、すべての預金口座に対して口座維持手数料が賦課されるには相当の時間がかかるものと考えられる。...

続きを見る

2020年01月30日

変動金利型住宅ローンの残高増加が家計支出に与える影響


低金利環境が長期化したことで、住宅ローン残高に占める変動金利型の割合が上昇している。変動金利型の選択は、金利上昇による利払い負担増のリスクを長期的に抱える...

続きを見る

2019年08月30日

政府のポイント還元策に「割引」還元で対応するメリット-参加者のメリットを大きく左右する「ポイント失効率」の存在

2019年10月の消費増税に伴って、政府より「キャッシュレス・消費者還元事業」(いわゆる「ポイント還元策」)の導入が予定されている。2020年6月末までの...

続きを見る

2019年08月07日

日本のキャッシュレス化の現在と未来-政府によるポイント還元策の導入効果に対する考察

日本では主に大手企業がキャッシュレス化を進展させているとみられる。日本は少子高齢社会にあり、近い将来訪れる労働人口減少の問題に対処していく必要がある。その...

続きを見る

2019年07月03日

利回り確保が困難になったヘッジ付き外国債券

為替変動リスクを回避したヘッジ付き米国債利回りはマイナスの状態で推移している。この要因として、ヘッジコストが高止まりしていること、米国債のイールドカーブが...

続きを見る

2019年06月11日

日本のキャッシュレス化の現在と未来-政府によるポイント還元策の導入効果に対する考察


2018年時点でキャッシュレス決済比率は24%にまで達しており、クレジットカード決済を中心に伸びている。しかしながら、海外各国のカード決済額の規模と比べて...

続きを見る

2019年04月03日

個人投資家の長期資産形成における金融リテラシー向上の重要性

海外の調査において、日本の成人で金融リテラシーのある人の割合が43%であったことが報告されており、他の先進国と比較して高いとは言えない状況にある。金融リテ...

続きを見る

2019年02月05日

銀行預金の東京一極集中に起因した金利低下圧力

個人名義の預金(個人預金)は、東京都に一極集中しつつある。東京都に集中した銀行預金の多くは、法人預金も含めて日銀当座預金に蓄積されている。マイナス金利政策...

続きを見る

2019年02月05日

2018年末に生じた長期金利の低下要因について-フォワードガイダンス導入時の政策変更に関する効果測定


フォワードガイダンス導入時の各種政策変更の影響を加味した重回帰モデルを構築して、長期金利に対するこれまでの日本銀行による金融政策の影響(金利の押し下げ効果...

続きを見る

2018年12月07日

中小の小売店におけるキャッシュレス化のポイント

事業者サイドから見たキャッシュレス化のメリットとして、消費者の購買履歴データを分析することでマーケティングを高度化できること、現金取扱にかかる人件費の効率...

続きを見る

2018年10月16日

中小の小売店におけるキャッシュレス化のポイント

政府によるキャッシュレス化推進の施策は2014年に閣議決定された「日本再興戦略(改訂)」において、キャッシュレス決済の普及による利便性・効率性の向上が掲げ...

続きを見る

2018年10月15日

米ドル/円のヘッジコストが9月に高騰する理由


2018年9月の米ドル/円のヘッジコスト(米ドルの資金調達コスト)は、月末にかけて3.14%にまで急上昇し、ヘッジ付き米国債利回り(10年)は-0.08%...

続きを見る

2018年10月09日

キャッシュレス先進国にみる金融インフラの効率化

2018年4月に公表された「キャッシュレス・ビジョン」(経済産業省)では、キャッシュレス決済比率4割の達成目標を2025年としている。さらに、将来的にキャ...

続きを見る

2018年08月15日

キャッシュレス先進国にみる金融インフラの効率化

2018年4月に経済産業省より公表された「キャッシュレス・ビジョン」では、大阪・関西万博(2025年)に向けて、キャッシュレス決済比率4割の達成目標を2年...

続きを見る

2018年07月10日

日本のキャッシュレス化について考える


2017年5月に日本政府は「Fintechビジョンについて」の中で、「キャッシュレス決済比率」を民間消費支出に占めるクレジットカード、デビットカード、電子...

続きを見る

2018年07月04日

英国事例に見るLIBOR廃止の年金運用への影響

2017年7月に英国の金融監督当局であるFCA(金融行為規制機構)は、代表的な金利指標であるLIBORを2021年末に廃止すると言及した。年金資産や年金債...

続きを見る

2018年04月16日

米国債利回りと連動しなくなった日本国債利回り


日本国債利回りを米国債利回りで回帰すると回帰係数がゼロ近辺にあり、日本国債利回りと米国債利回りが連動しなくなっていると考えられる。主成分分析を用いて日本国...

続きを見る

2018年04月09日

マイナス金利政策による投資家の運用資産の保有割合の変化


マイナス金利政策導入後、日本の短期金融市場ではマイナス金利が常態化している。家計と確定給付年金は、現預金の保有にコストがかかるため、現預金の保有割合を減少...

続きを見る

2018年04月04日

マイナス金利が常態化した短期金融市場と現預金への影響

2016 年1 月末のマイナス金利政策の導入後より、日本の短期金融市場ではマイナス金利の状況が常態化しており、その背景として民間金融機関による日銀当座預金を用...

続きを見る

2018年03月12日

利回り低下が継続するヘッジ付き米国債


ヘッジ付き米国債の利回りの低下傾向が継続している。ヘッジ付き米国債の利回りが低下している原因は、米国債利回りは上昇しているものの、それ以上にヘッジコストが...

続きを見る

2018年02月26日

負のタームスプレッドで取引される中期国債


マイナス金利政策導入後より、中期国債の利回りが翌日物金利(無担保コールレートやレポレート)よりも低い状態が継続している。海外投資家は、為替先物を用いて日本...

続きを見る

2018年02月07日

日本におけるキャッシュレス化の進展状況について-日本のキャッシュレス化について考える

2017年5月に日本政府は「FinTechビジョンについて」の中で、「キャッシュレス決済比率」を民間消費支出に占めるクレジットカード、デビットカード、電子...

続きを見る

2017年12月26日

米国債のフラット化の原因に対する仮説-タームスプレッドとユーロ建て米国債利回りに関する分析


最近、米国債のフラット化について議論されている。過去に米国債のイールドカーブが逆イールドになると景気後退が生じており、今回のFRBの利上げが逆イールドをも...

続きを見る

2017年12月25日

日本のキャッシュレス化に向けた課題-日本のキャッシュレス化について考える(3)

前々回、前回と、日本におけるキャッシュレス化の進展状況とキャッシュレス化することのメリットについてまとめてきたが、日本においてキャッシュレス化を進めていく...

続きを見る

2017年12月20日

キャッシュレス化のメリット-日本のキャッシュレス化について考える(2)

前回は、日本におけるキャッシュレス化の進展状況と海外との比較を行った。今回は、キャッシュレス化が進展することで、具体的にどのような便益があるかについて考え...

続きを見る

2017年12月18日

日本におけるキャッシュレス化の進展状況について-日本のキャッシュレス化について考える(1)

2017年5月に日本政府は「Fintechビジョンについて」の中で、「キャッシュレス決済比率」を民間消費支出に占めるクレジットカード、デビットカード、電子...

続きを見る

2017年11月27日

リーマンショック前の水準にまで上昇した米ドル円のヘッジコスト


2017年10月末の米ドル円のヘッジコストは1.91%で、リーマンショック前の水準にまで上昇している。2017年のヘッジコストの上昇は、米国の利上げに伴う...

続きを見る

2017年10月19日

YCC導入後の20年国債金利-金融政策の出口に関する情報はどこに織り込まれるか


2016年9月のYCCとオーバーシュート型コミットメント導入後の20年国債金利の動向について考える。YCC導入後は、10年国債金利がゼロ%周辺を推移する状...

続きを見る

2017年10月16日

金融政策の超長期国債金利への影響について考える-金融政策による超長期国債金利の押し下げ効果の測定


20年国債金利を「10年国債金利」と「20年国債金利と10年国債金利の差分(スプレッド)」に分解して、物価の安定目標の導入による時間軸効果も含めて、日本銀...

続きを見る

2017年10月04日

企業年金における積立比率の上昇要因と今後の留意点

過去5年間を振り返ると、割引率の低下により退職給付債務が拡大してきた一方で、運用環境の改善によってそれ以上に年金資産が拡大したため、積立比率が上昇した。今...

続きを見る

2017年09月25日

金融政策の10年国債金利への影響を振り返る-金融政策による金利の押し下げ効果の測定


イールドカーブ・コントロール(YCC)の影響を加味した重回帰モデルを構築し、過去1年間の金利推移とこれまでの日本銀行による金融政策の影響(金利の押し下げ効...

続きを見る

2017年08月01日

主成分分析の観点から見た日本国債金利と米国債金利の連動性-アベノミクス下のイールドカーブの変化を振り返る


米国の金融政策では今後も利上げを行う方向性が示されている一方で、日本では異次元金融緩が継続されると見られている。日本国債金利と米国債金利間の連動性から、米...

続きを見る

2017年07月21日

通貨スワップ市場の変動要因について考える-通貨スワップの市場環境が与えるヘッジコストへの影響


通貨スワップとは、米ドルや円といった異なる通貨のキャッシュフローを交換する取引のことである。通貨スワップは1年以上の比較的長期で取り組まれることが通例であ...

続きを見る

2017年04月24日

ヘッジ付き米国債の利回りに復活の兆し-日本円と米ドルの短期金融市場が示唆していること


昨年後半から、ヘッジ付き米国債の利回りが上昇している。利回り上昇の要因として、昨年末までは米国債利回りの上昇が寄与しており、今年に入ってからはヘッジコスト...

続きを見る

2017年04月05日

予想インフレ率の上昇と運用資産への影響

昨年後半から、トランプ氏の大統領選勝利やFRBによる利上げ等をきっかけに世界的に予想インフレ率が上昇しており、日本にもその影響が及んでいる。日本銀行による...

続きを見る

2016年10月25日

ヘッジ付き米国債利回りが一時マイナスに-為替変動リスクのヘッジコスト上昇とその理由


米国10年国債を為替予約(3ヶ月)で為替変動リスクをヘッジしたときの運用利回りが2016年9月末にマイナスになった。利回り低下の主な要因は、為替変動リスク...

続きを見る

2016年10月19日

通貨スワップ市場の変動要因について考える-通貨スワップの市場環境が与えるヘッジコストへの影響


リーマンショック後より、通貨スワップ市場においてクロスカレンシー・ベーシス・スワップ(スワップ・スプレッド)がマイナス方向に拡大し、現在もマイナス圏で推移...

続きを見る

2016年09月29日

日本企業の信用リスクは磐石か-CDSスプレッドの縮小トレンドに潜む不安材料


新しく「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」政策が導入されたことにより、社債等の信用リスクを内包する金融商品が注目される可能性がある。この問題意識から、本...

続きを見る

2016年07月15日

利益調整に関する財務指標に着目した信用リスク分析(2)-Accruals Ratioと発行体格付けの関係


Accruals Ratioの発行格付けの関係について分析を行った。Accruals Ratioとは企業の営業活動と投資活動に関する指標であり、財務諸表の質と...

続きを見る

2016年07月13日

利益調整に関する財務指標に着目した信用リスク分析-「粉飾」に起因した企業倒産の予見は可能か?


帝国データバンクの『2014年度 コンプライアンス違反企業の倒産動向調査』によれば、日本においてコンプライアンス違反 に起因した企業倒産が増加傾向にある。特に...

続きを見る

2016年05月09日

量的・質的金融緩和政策導入後の年金運用資産の推移

2013年4月の量的・質的緩和政策導入後の企業年金と公的年金の資産推移を振り返る。両者とも年金資産全体(ストック)は増加しており、フローでの資産の減少をカ...

続きを見る

2016年04月22日

対外証券投資と為替変動リスクのヘッジ-為替予約を用いたリスクヘッジの注意点

2013年4月の量的・質的金融緩和政策導入後、主要機関投資家が保有する対外証券投資残高は増加しており、円安や世界的な株高・金利低下の効果もあり、収益に貢献...

続きを見る

2016年04月05日

為替スワップ取引を用いた時のヘッジコストの考え方

外貨を持たない国内投資家が外貨投資を行う際、為替リスクのヘッジのために為替スワップ等を用いて外貨調達を行うことがある。為替スワップ市場と通貨スワップ市場の...

続きを見る

2015年10月26日

過度な利益調整は企業倒産の可能性を高めるかもしれない-ここ10年間の倒産企業に起きている変化

■要約昨今、粉飾起因の企業倒産が増加している。そこで、倒産企業の財務指標に変化が生じているか調査を行った。2005年前後を境に、「営業利益÷...

続きを見る

2015年10月19日

利益調整に関する財務指標に着目した信用リスク分析-「粉飾」に起因した企業倒産の予見は可能か?

■要旨ここ数年「粉飾」に起因した企業倒産が増加傾向にある。「粉飾」等により財務指標が「良く」なるように調整されている場合、通常の財務分析で信用力の悪化を検...

続きを見る

2015年05月25日

資産形成の計画を練ると幸福度が向上するかもしれない?

2014年のPew Research Centerの調査1によると、日本は「先進国(Advanced)」の中で最も幸福度が低い国の一つであり、メキシコやインド...

続きを見る

2015年04月07日

通貨スワップ市場がもたらす外貨投資インセンティブの非対称性-外貨を保有する投資家にとって円建て資産への投資が魅力的な理由

1―はじめに日本の金利市場において金利低下が進んでいることから、「本邦投資家が利回り確保のために外国債券へのアロケーションを増やす」といった外貨投資に関す...

続きを見る

2015年04月07日

為替市場の長期トレンドと「時間効果」の関係-長期トレンドはミクロな動的特性から形成される

過去の調査「円安になりやすい時間帯は存在するか?(1)(2)(3)」において、為替市場のもつマーケット・マイクロストラクチャーの特性として、他の時間帯と比...

続きを見る

2015年04月03日

通貨スワップの市場環境とヘッジコストに与える影響について

米ドルと円を交換する通貨スワップ市場において、スワップ・スプレッドがマイナスの状況が恒常的に続いている。スワップ・スプレッドがマイナスの場合、米ドル調達サ...

続きを見る

2015年02月24日

通貨スワップ市場がもたらす外貨投資インセンティブの非対称性

■要旨日本の金利市場において金利低下が進んでいることから、本邦投資家が利回り確保のために外国債券へのアロケーションを増やすといった外貨投資に関する話題を聞...

続きを見る

2015年01月13日

円安になりやすい時間帯は存在するか?(3)-円安に対する米ドル高の影響を検証してみる

「円安になりやすい時間帯は存在するか?-米ドル/円の「時間効果」を計測してみる」では、米ドル/円について円安になりやすい時間帯の有無について検証し、(1)...

続きを見る

2014年11月26日

円安になりやすい時間帯は存在するか?(2)-「時間効果」から得られる為替差益を計測する

前回の「円安になりやすい時間帯が存在するか?-米ドル/円の「時間効果」を計測する」では、少なくとも過去5年間の米ドル/円の動的特性について、「円安になりや...

続きを見る

2014年11月19日

円安になりやすい時間帯は存在するか?-米ドル/円の「時間効果」を計測してみる

2014年10月31日に日銀が追加金融緩和を決定した後、1週間で米ドル/円は一時115円まで円安が進んだ。2012年9月時点の米ドル/円が80円前後であっ...

続きを見る

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る