2021年12月22日

2022年の米ドル円のヘッジコストに関する留意点-米国の金融政策と金融規制の動向に注視すべき

金融研究部 金融調査室長・年金総合リサーチセンター兼任   福本 勇樹

金融市場・外国為替(通貨・相場) 金融政策 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • 2021年11月末時点で米ドル円のヘッジコストは上昇傾向にあるが、年末特有の資金繰りに伴う一時的なものとみられる。
     
  • 来年以降は、米国の金融政策や金融規制の動向に注視すべきである。
     
  • 米国の金融政策において来年以降利上げが予定通り実施されれば、内外金利差の要因を通じてヘッジコストが上昇することになる。
     
  • 日米で金融政策の方向性が異なると、米ドルと円の流動性に差が生じ、内外金利差以外の要因を通じてヘッジコストが上昇することになる。
     
  • さらに、米国の補完的レバレッジ比率規制の緩和措置の終了やMMF規制の強化といった金融規制の影響で、内外金利差以外の要因を通じてヘッジコストが上昇する可能性がある。
     
  • 一方で、内外金利差以外の要因については、中央銀行間のスワップ取極という選択肢もあることから、ヘッジコストの上昇は一定程度抑制されるだろう。


■目次

1――2021年11月末のヘッジコストの状況
2――今後の留意点
  1|内外金利差の要因
  2|内外金利差以外の要因
  3|中央銀行間のスワップ取極の動向
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

金融研究部   金融調査室長・年金総合リサーチセンター兼任

福本 勇樹 (ふくもと ゆうき)

研究・専門分野
金融市場・決済・価格評価

アクセスランキング

レポート紹介

【2022年の米ドル円のヘッジコストに関する留意点-米国の金融政策と金融規制の動向に注視すべき】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2022年の米ドル円のヘッジコストに関する留意点-米国の金融政策と金融規制の動向に注視すべきのレポート Topへ