2021年02月02日

米ドルLIBORの公表停止をめぐる市場予想の変化

金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   福本 勇樹

金融市場・外国為替(通貨・相場) 金利・債券 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • 2021年1月25日にISDAのプロトコルが発効された。これ以降、ISDAを参照してデリバティブ取引を行う場合、LIBORにリンクする取引についてISDAが公表したフォールバックを遵守する必要がある。
     
  • また、取引当事者の双方がISDAのプロトコルを遵守している場合、既存取引にもフォールバックが適用される。
     
  • 今後の注目点は、公表停止トリガーや公表停止前トリガーがいつ発動されるのかという点に移るものと考えられる。
     
  • 特に、主要な米ドルLIBORの公表停止時期は他の通貨よりも後ろ倒しになるとみられ、それに伴いトリガーの発動時期も他の通貨と異なる可能性が考えられる。
     
  • デリバティブ市場では、2020年11月末にICEにより米ドルLIBORの公表停止延期案が出された直後はトリガーの発動時期の後ろ倒しを織り込んだが、2020年12月下旬以降はトリガーの発動時期は後ろ倒しされないと考える市場参加者が増えているとみられる。
     
  • 金融市場の安定を考える上で、すべての通貨で同時にトリガーが発動されるのが望ましい。
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

金融研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

福本 勇樹 (ふくもと ゆうき)

研究・専門分野
リスク管理・価格評価

アクセスランキング

レポート紹介

【米ドルLIBORの公表停止をめぐる市場予想の変化】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米ドルLIBORの公表停止をめぐる市場予想の変化のレポート Topへ