梅内 俊樹

金融研究部 企業年金調査室長 年金総合リサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任

梅内 俊樹(うめうち としき)

研究・専門分野
リスク管理、年金運用

梅内 俊樹のレポート

2020年12月25日

DC拠出限度額の見直しで重要性が高まる企業の取り組み


確定給付企業年金などの給付建ての年金制度(以下、DB)を実施する場合の企業型DCの拠出限度額は、企業型DCのみを実施する場合の拠出限度額の一律半額とされて...

続きを見る

2020年10月27日

投資信託とは?~品揃えが豊富な金融商品

投資信託は、投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、資産運用の専門家が株式や債券などに投資する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に...

続きを見る

2020年10月27日

つみたてNISAとiDeCoとは?~長期・積立・分散投資が可能な2つの非課税制度

つみたてNISAは、日本在住の20歳以上の方を対象とする少額から始められる積立投資の非課税制度です。毎年40万円を上限に投資信託を購入することができ、積み...

続きを見る

2020年10月27日

長期・積立・分散とは?~資産形成における基本的な投資方法

現在の金利環境では、預貯金だけでお金を増やすことはできません。しかし、投資となると、損が怖くて手を出せないといった方も多いのではないでしょうか。確かに、投...

続きを見る

2020年10月07日

公的年金の繰下げ受給って何?

わが国の公的年金は、日本国内に住む20歳以上の全ての人が加入する「国民年金(基礎年金)」と会社などに努める人が加入する「厚生年金」の2階建てになっています...

続きを見る

2020年10月07日

iDeCoの加入対象はどう変わるの?

iDeCoは個人型確定拠出年金の愛称ですが、確定拠出年金には個人型のほかに企業型があります。iDeCoが任意で個人が加入できる制度であるのに対して、企業型...

続きを見る

2020年09月30日

英国と日本の私的年金制度の加入状況について


英国では2013年以降、職域年金の加入率が飛躍的に上昇している。背景には、自動加入制度の導入がある。NESTの創設、職域DCのデフォルト商品の義務化など、...

続きを見る

2020年08月31日

長生きリスクに備える繰下げ制度の利用拡大に必要なことは? 

平均的な寿命の延びが見込まれるなか、想定を超える長生きに対して如何に生活資金を確保するかは、個人・家計においてはもとより、社会全体の課題ともなっている。こ...

続きを見る

2020年08月05日

企業型DCの指定運用方法の選定について

企業型DCで指定運用方法の新たな枠組みが2018年5月から施行されている。これを契機に、投資信託が指定運用方法に選定されるケースが増えている。しかし、元本...

続きを見る

2020年06月01日

確定拠出年金法改正の概要-加入や受給に係る要件の緩和と、今後の課題-


年金制度を見直す年金制度改正法案が5月29日に成立した。高齢者の就労が拡大していることを踏まえるとともに、長期化する高齢期の経済基盤の充実をサポートするこ...

続きを見る

2020年04月01日

年金制度改正案の概要


昨年9月以降にスタートした全世代型社会保障検討会議での議論を経て、雇用や年金制度に係わる改正案が国会に提出された。本稿では、近く成立が見込まれる年金制度に...

続きを見る

2019年11月25日

企業型DCの商品選び-効率的な資産形成に欠かせない投資信託の活用


今年6月、金融庁は「人生100年時代を見据えた資産形成を促す報告書」をまとめ、定年退職後30年生きるには、公的年金とは別に、夫婦で約2千万円の金融資産の取...

続きを見る

2019年08月30日

退職給付会計における割引率の動向

退職一時金や確定給付企業年金のように、従業員の退職に伴って予め約束された給付金を支払う給付建ての退職給付制度を導入する企業は、退職給付に係る費用や負債を企...

続きを見る

2019年08月05日

米国におけるESG 投資の動向について

米国最大の公的年金であるカルパース(カルフォルニア州職員退職年金基金)が主導する形で、ESG課題を投資に取り入れる動きが進む米国においても、企業年金、特に...

続きを見る

2019年06月28日

企業年金ガバナンスについて


企業年金におけるガバナンスは、最終受益者である加入者・受給者の利益を最大化する仕組みであり、その確保が企業年金の運営者には求められる。2018年にかけての...

続きを見る

2019年05月31日

家計の保守的な投資行動の転換には投資教育の拡充が必要

日本の家計の金融行動が主要な先進国に比べ保守的であることは、以前より広く指摘されている。日銀によれば、日本では2018年3月時点で家計金融資産に占める現金...

続きを見る

2019年05月10日

公的年金等に係る税制について

国民年金や厚生年金といった公的年金のほか、厚生年金基金や確定給付企業年金、確定拠出年金などから受け取る年金には、所得税が軽減される優遇措置が設けられている...

続きを見る

2019年03月25日

公的年金等に係る税制について

国民年金や厚生年金といった公的年金のほか、厚生年金基金や確定給付企業年金、確定拠出年金などから受け取る年金には、所得税が軽減される優遇措置が設けられている...

続きを見る

2019年02月05日

成熟度の高まりを考慮したDB運営

良好な運用環境を背景に、DBの平均的な積立状況は大きく改善している。その一方で、成熟度は高まっており、給付支払額が掛金収入額を上回るDBも増加傾向を辿って...

続きを見る

2018年11月30日

圧縮進む退職給付に係る負債

確定給付型の企業年金や退職一時金制度を導入する企業は、退職給付に関する積立状況を母体企業の財務諸表に反映する必要がある。連結財務諸表においては、退職給付債...

続きを見る

2018年07月31日

日米で異なる高齢期の収入構成

やや古い情報になるが、米国の従業員福利厚生研究所の2012年時点のデータによれば、65歳以上の平均収入において、公的年金が占める割合は38.0%であり、労...

続きを見る

2018年06月29日

DC制度の普及に向けた課題


DC制度を中心とする一連の普及・拡大策が5月までに施行された。しかしながら、公的年金を補完する制度してDC制度を普及させる上では、様々な課題が残されている...

続きを見る

2018年06月05日

DC改正法施行後も求められる高齢期の所得確保策の検討

2016年5月に成立したDC制度の普及拡大を促す改正法が、この5月にすべて施行されるに至った。しかし、施行から1年半が経過する個人型DC(iDeCo)の普...

続きを見る

2018年02月28日

自ら備える長生きリスク

厚生労働省の資料によれば、大正時代(1920年)の夫の現役引退後の生活期間は1年、妻は5年というのが平均的な姿であった。しかし、2009年時点では、夫の現...

続きを見る

2018年02月05日

財政安定化に向けたリスク対応掛金設定の検討

株価上昇や円安の進展により、確定給付企業年金の平均的な積立状況は数年前に比べ大きく改善している。足もとの積立状況は、20年に一度の頻度で発生が見込まれる積...

続きを見る

2017年11月30日

DC運用の商品選択の改善に向けて

昨年成立したDC法改正では、個人型DCの加入範囲拡大が注目されることが多いが、それ以外にも多岐にわたる改正が盛り込まれている。DC加入者が運用商品を選択し...

続きを見る

2017年07月31日

iDeCoで株式投資

個人の資産形成において株式投資が拡大しない背景の一つに、国内株式が長期的な膠着状況から抜け出せないことが挙げられよう。TOPIXは2000年以降、ITバブ...

続きを見る

2017年06月30日

企業型DC運用改善に向けて

税制適格年金、厚生年金基金、確定給付企業年金(以下、DB)の3つの確定給付型企業年金の加入者数は年々減少する一方で、企業型確定拠出年金(以下、企業型DC)...

続きを見る

2017年04月28日

損失抑制に向けたDB運用-国内債券の保険的な役割の有効性や必要性を踏まえて


日銀の金融緩和政策がイールドカーブ・コントロールの導入によって大きく転換されるなか、市場金利の動きは、導入前と異なることが想定される。最も大きな変化は、1...

続きを見る

2017年02月03日

米国401(k) 加入者の2006年改革後の資産構成

米国401(k)では、20代の実質的な株式構成比率が高まっている。背景には、2006年の年金保護法を通じたDC制度の改革がある。日本でも昨年、DC制度の普...

続きを見る

2016年11月30日

DCバランス型商品の選好と投資教育の必要性-DCの発展には投資教育の実施率向上だけでなく、内容面の拡充も欠かせない

DC制度には様々な運用商品がラインナップされているが、DC制度全体で見て、預金や生保商品などの元本確保型商品に次いで資産残高が多い商品の一つに、バランス型...

続きを見る

2016年09月30日

導入迫るリスク分担型企業年金-DB制度改正(案)の概要とリスク分担型企業年金への移行時に留意すべきポイント


昨年度来、検討が進められてきた掛金の弾力的な拠出を可能とするリスク対応掛金と、この仕組みを活用した新たな制度としてのリスク分担型企業年金が、ともに導入に向...

続きを見る

2016年07月07日

個人型DCの加入対象拡大-改正法成立。当面の経済環境がDC 制度の行方を左右?

昨年4月に、確定拠出年金改正法案が国会に提出されてから1年強が経過し、漸く改正法が成立に至った。今回の改正は、DCの利便性向上や普及・拡大が目的であり、中...

続きを見る

2016年05月25日

個人型DCの加入対象拡大-改正法成立。当面の経済環境がDC制度の行方を左右?

昨年4月に、確定拠出年金改正法案が国会に提出されてから1年強が経過し、漸く改正法が成立に至った。今回の改正は、DCの利便性向上や普及・拡大が目的であり、中...

続きを見る

2016年01月06日

DB運用のリスク抑制に向けた更なる取り組みが必要

確定給付企業年金では、平均的な運用利回りが3年続けて10%近辺となる実績が続いた。一方で、市場の変動性が高い状況に収束の目処は立っていない。こうした中、D...

続きを見る

2015年11月30日

長期積立てが重要な老後の備えを考える時機が到来-DC制度改正を控えて、自助努力を考える-

公的年金や企業年金は老後生活を支える貴重な制度です。ただし、公的年金はマクロ経済スライドという仕組みのもとで、向こう数十年かけて実質的な給付水準が引き下げ...

続きを見る

2015年10月27日

受給権保護の実効性を高めるには利害関係者の意識が重要-加入者等への積極的な情報開示が受給権保護には欠かせない

■要旨確定給付企業年金(以下、DB制度)は、積立基準・受託者責任・情報開示など、受給権を保護する基準が明確化された企業年金制度である。しかしながら、受給権...

続きを見る

2015年09月17日

リスク分担型DB(仮称)の導入意義とは-公的年金を補完する役割としてのDB・DC制度の違いから考える

■要旨社会保障審議会の下に設置された企業年金部会での議論が9月11日に再開された。今年1月に一旦打ち切られるまでに結論が得られなかった弾力的なDB制度の運...

続きを見る

2015年09月03日

実績連動型CBプランとハイブリッド型の検討ポイント

ハイブリッド型企業年金の導入が検討されている。現行の制度体系で可能なハイブリッド型制度である実績連動型CBプランの特徴や導入状況を確認しながら、新たな制度...

続きを見る

2015年05月29日

公的年金は増額傾向? 欠かせないデフレ脱却

昨年に引き続き、今年度も2%台の賃上げが実施される見込みである。ベースアップに踏み切る企業は全体の半数程度に留まりそうであるが、個人の所得環境は明らかに好...

続きを見る

2015年02月06日

利便性を高める確定拠出年金の見直しについて

1―はじめにこのほど、平成27年度の与党税制改正大綱が示された。この中には、昨年5月以降、社会保障審議会企業年金部会で議論され、一定の方向性が得られた確定...

続きを見る

2015年01月07日

ダウンサイドの抑制に向けた動的管理の活用について

ダウンサイドの抑制は、年金運用の目標であり課題である。しかし、静的管理によって特徴付けられる現在の基本ポートフォリオ運営では、ダウンサイド抑制に限界がある...

続きを見る

2014年12月16日

確定拠出年金の見直しの方向性について

■要旨現在、社会保障審議会に設置された企業年金部会で、企業年金を中心とする私的年金の今後の在り方等について議論されています。今年5月以降、様々な課題につい...

続きを見る

2014年12月02日

資産形成の一手段ドルコスト平均法の注意点-市場への関心を深めることが欠かせない-

安倍政権発足以降の2年間で株価は大きく上昇した。とは言え、日経平均は2000年3月のITバブル時の高値を未だ下回ったままだ。しかし、そんな状況下でも、利益...

続きを見る

2014年10月30日

企業年金の財政安定化に資する積立剰余の活用について

■要旨公的年金の減額・縮小が見込まれる中、民間サラリーマンの退職後の所得保障においては、資産残高53兆円と確定拠出年金の7兆円を大きく凌ぐ確定給付企業年金...

続きを見る

2014年06月04日

国際的な会計基準の統一に向けた日本の当面の対応について

退職給付に関する会計基準が2012年5月に改正され、2013年度より適用が開始されたこと等により、日本の基準とIFRSとのコンバージェンスに向けた検討は一...

続きを見る

2014年05月30日

投資家別売買金額と株式市場-短期的な市場変動に惑わされない冷静さと慎重さが必要-

近年、国内株式市場では海外投資家の売買動向が注目されている。東証1部の売買代金に占める海外投資家の割合が5~6割にまで達し、その動向が株式市場を左右し兼ね...

続きを見る

2014年04月15日

退職給付会計基準改正の概要-2014年3月期以降の主な改正点と今後の方向について-

■要旨給付建て制度の会計処理の詳細を定める退職給付に関する会計基準が2012年5月に基準が改正(企業会計基準第26号「退職給付に関する会計基準」)され、一...

続きを見る

2014年02月05日

キャッシュバランスプランの弾力化と運用リスク

キャッシュバランスプランの弾力化により、従前に比べ母体企業にとって運用リスク負担の軽い確定給付企業年金の導入に道が開かれることになる。しかし、運用リスク次...

続きを見る

2013年12月19日

成熟期の企業年金運用について-資産取崩しの影響を緩和するため求められる対応-

■要旨日本の将来推計人口をもとに、人数ベースの成熟度(加入者に対する受給者の割合)を計算すると、2030年代後半にかけて上昇することが見込まれる。個別には...

続きを見る

2013年11月26日

個人の資産形成を見直す契機に

昨年の政権交代からおよそ1年が経過し、日経平均は60%強上昇し、円ドルレートも20%強円安が進みました。こうした市場環境の改善を受け、個人の投資行動にも変...

続きを見る

2013年10月16日

キャッシュバランスプランの弾力運営により見込まれる企業年金制度の多様化

■要旨わが国には確定給付型と確定拠出型の大きく分けて二つの企業年金制度があります。運用リスクを企業か個人かのいずれかが負担するという意味で、両極端な制度体...

続きを見る

2013年10月03日

割引率の水準で異なる金利上昇リスクへの対応

超低金利が続くなか、運用利回りの向上を目指す上では将来的な金利上昇に備えた国内債券運用が欠かせない。しかし今期末から始まる会計上の積み立て不足の即時認識を...

続きを見る

2013年05月30日

5月売り―相場格言からの上放れは可能か?

ウォール街でよく知られた株式市場にまつわる格言に、「Sell in May and go away(5月に株を売れ)」というものがある。イギリスで生まれた「Sell ...

続きを見る

2013年03月01日

企業価値評価から考える年金運用の在り方 ~あらためて基本に立ち返って考える~

昨今、確定給付型企業年金を維持・運営するための母体企業の負担の増大が懸念されている。こうした中、確定給付型企業年金の本来の導入意義を見直し、制度の持続可能...

続きを見る

2013年02月18日

債務指向運用への段階的な移行

■見出し1――はじめに2――退職給付会計の時価主義化3――即時認識における貸借対照表への影響4――市場金利に応じた段階的なポートフォリオの移行について5―...

続きを見る

2012年10月31日

大統領選挙と株価の動き―対照的な日本の現状-

株価は経済を映す鏡といわれるように、その時々の経済ファンダメンタルズを反映して、株価は形成されると考えられる。経済が好転すれば株価は上昇するし、悪化すれば...

続きを見る

2012年10月01日

超低金利下における“守り”の運用スタンス

個別財務諸表での即時認識は見送られたが、財政上と会計上の2つの負債を意識した運用が引き続き求められよう。しかし現在の超低金利下でサープラス・リスクを抑制す...

続きを見る

2012年06月04日

悲観克服の経済効果は?

景気が良いとは、経済活動が活況を帯びている状況のことである。その活気は、国民一人一人の活力や気力が結集されて作り出されるものだ。極論すれば、景気の良し悪し...

続きを見る

2012年02月24日

ダイナミック・ヘッジ活用とポートフォリオ管理について

現在のような低成長かつボラタイルな市場環境で中長期的な年金資産の成長を図るには、ポートフォリオのダウンサイド・リスクの抑制が不可欠である。掛金収入より給付...

続きを見る

2011年11月25日

高齢化時代の個人金融資産運用に求められる視点

■見出し1--------はじめに2--------現役世代の資産形成の一般的な考え方3--------現実の金融資産運用の世代別傾向4--------退...

続きを見る

2011年10月03日

退職給付会計上の積立比率の推移と今後の年金運用について

リーマンショックによって大きく悪化したものの、その後、退職給付会計上の実質的な積立比率は改善した。しかし将来的なポートフォリオ像を描き、即時認識に耐えられ...

続きを見る

2011年08月31日

高齢化時代の個人金融資産運用に求められる視点

■目次1――はじめに2――現役世代の資産形成の一般的な考え方3――現実の金融資産運用の世代別傾向4――退職後世代の金融資産運用で認識すべき点5――これから...

続きを見る

2011年08月01日

リバランス方法に見直しの余地はあるか?

政策アセットミックスを意識した一般的なリバランス方法は、常に有効に機能するとは限らない。リバランスによる結果とその意味を認識した上で、運用目標や戦略と整合...

続きを見る

2011年01月04日

平常時と危機時を明確に区分したリスク管理

政策アセットミックスの決定に際しては複数のツールが活用される。漫然と複数のツールを利用するのではなく、『平常時』と『異常時』のリスクを明確に区分しツールを...

続きを見る

2010年12月01日

グローバル株式指数による運用は効率的か?

年金ポートフォリオの株式の国内比率は低下傾向を辿っている。その1つの背景として、日本を含むグローバル株式指数をベンチマークとする運用の広がりが挙げられる。...

続きを見る

2010年11月24日

世界株式はアセットクラスとして有効か?

世界の株式の市場ポートフォリオでの運用、すなわち、国内外で区別をせずに株式を世界株式として1つのアセットクラスとする運用は有効だろうか。年金運用で一般的に...

続きを見る

2009年09月01日

配当の変化と株式リターンの関係について

増配が株式リターンにポジティブな影響を及ぼすことはよく知られているが、08年度については、正反対の傾向が見られた。その原因は急激な経済環境の悪化という一時...

続きを見る

2009年08月26日

多角化戦略が企業の価値に及ぼす影響について

1多角化戦略が企業の価値を破壊することについては、過去の研究によって数多く報告されている。その大半は米国企業を対象とするものであるが、日本企業についても、...

続きを見る

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る