2020年09月30日

英国と日本の私的年金制度の加入状況について

金融研究部 企業年金調査室長 年金総合リサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任   梅内 俊樹

イデコ(iDeCo) 個人年金 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

英国では2013年以降、職域年金の加入率が飛躍的に上昇している。背景には、自動加入制度の導入がある。NESTの創設、職域DCのデフォルト商品の義務化など、自動加入制度が機能する環境が周到に整備されたことも、加入率の上昇に寄与していると考えられる。しかし、加入率改善の最大の要因は、私的年金への加入を企業や従業員の任意から自動加入へと大きく転換したところにある。

日本でも、2014年以降、私的年金制度の普及拡大に向けた検討が開始されているが、カバレッジの拡大には至っていない。寿命の延びによりリタイア後の人生の長期化が見込まれるなか、生活を支える経済基盤の拡充は今なお重要な課題であり、特に、中小企業による私的年金の導入割合の引き上げや働き方にかかわりなく自助努力が実施されるような環境づくりは重要性の高い課題と言える。こうした積み残された難題に対応する上では、英国流のアグレッシブさを念頭に置いておくことも必要かもしれない。その上で、私的年金制度が広く活用されるようになることを期待したい。

■目次

1――飛躍的に上昇する英国職域年金の加入率
  1|職域年金の加入率の推移
  2|加入率改善を実現した自動加入制度
2――わが国の私的年金制度の改正と加入状況
3――私的年金制度の普及拡大に向けてに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
78_ext_01_0.jpg

金融研究部   企業年金調査室長 年金総合リサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任

梅内 俊樹 (うめうち としき)

研究・専門分野
リスク管理、年金運用

アクセスランキング

レポート紹介

【英国と日本の私的年金制度の加入状況について】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

英国と日本の私的年金制度の加入状況についてのレポート Topへ