ジェロントロジー(高齢社会総合研究)

年で絞り込む

2018年04月23日

「妊娠順番制」にみる授からない社会への誤解-少子化データ再考-順番さえくれば、授かるのか

58494_ext_03_0_S.jpg

保育士女性を妻に持つ28歳の男性の全国紙への投書記事がネット等で大きな議論を呼んでいる。妻が働く愛知県の私立保育園では、保育園運営を円滑化(保育園運営に支...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子
生活研究部

2018年04月23日

生活保護受給者には医療が無償提供されるの?

58019_ext_03_0_S.jpg

生活保護の受給世帯数が過去最高水準となっています。近年、非正規雇用の増大などに伴うワーキングプアの増加などから、低所得者は拡大傾向にあります。加えて、家族...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也
保険研究部

2018年04月20日

救急車を無料で呼べるのは問題ないの?

58020_ext_03_0_S.jpg

まず、救急車利用について、簡単に見ていきます。現在、日本では、事故でケガをしたり、急病になったりした場合、救急車を呼んで、傷病者を病院に搬送することが一般...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也
保険研究部

2018年04月16日

がんの治療はどのくらい進歩していて、どのくらい費用がかかるものなの?

58042_ext_03_0_S.jpg

日本では、1981年以降、がんが死因の第1位を占めています。界的にみても、がんは先進国で主要な死因の1つとなっています。このため、がんの診断法、治療法や、...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也
保険研究部

2018年04月13日

保険適用になる薬と、ならない薬では、薬効、安全性、流通の仕方がどう違うの?

58031_ext_03_0_S.jpg

まず医薬品の種類について、簡単にみていきましょう。一口に医薬品と言っても、さまざまなものがあります。医薬品は、副作用などのリスクの大きさに応じて、薬局医薬...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也
保険研究部

2018年04月09日

ジェネリック(後発薬)とは、どういうものなの?

58029_ext_03_0_S.jpg

近年、ジェネリックや後発医薬品という言葉を、メディア等で見かける機会が多くなっています。ジェネリックとは、どういう医薬品なのでしょうか。通常、医薬品を製造...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也
保険研究部

2018年04月09日

消え行く日本の子ども-人口減少(少子化)データを読む-わずか半世紀たたず、半減へ

58356_ext_03_0_S.jpg

少子化が叫ばれる中、多方面から人口問題に関する講演の話を頂くようになった。それくらい今の日本に住む人々にとって人口減少問題は注目の的であるということだろう...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子
生活研究部

2018年04月06日

医薬品の値段(薬価)は、どのように決められているの?

58352_ext_03_0_S.jpg

まず、原則的な価格設定についてみていきましょう。できるだけ簡単に日本では、医薬品は、大きく、保険適用となる医療用医薬品と、保険適用にならない一般用医薬品に...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也
保険研究部

2018年04月02日

医療費は各年齢でどれくらいかかるものなの?

58018_ext_03_0_S.jpg

近年、高齢化が進み、医療費が増大していると、多くのメディアで報道されています。実際のところ、各年齢で、医療費はどれくらいかかるものなのでしょうか。厚生労働...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也
保険研究部

2018年03月29日

もっと知ろう!福祉用具や介護ロボットのこと-国際福祉機器展や福祉用具のセミナーに参加してみよう-

58273_ext_03_0_S.jpg

英国の世界的な物理学者スティーヴン・ホーキング博士(76歳)が3月14日(現地時間)に亡くなった。博士は「車いすの物理学者」として世界的に知られ、難病(A...

続きを読む

青山 正治

青山 正治
社会研究部

2018年03月28日

自動運転の普及とMaaS-完全自動運転が普及した社会とまちづくり。その3

58260_ext_03_0_S.jpg

自動運転を強力にサポートするのは、土木構造物としてのインフラではなく、MaaS(マース)というシステムである。これは、新たな交通インフラと言ってもよい。M...

続きを読む

塩澤 誠一郎

塩澤 誠一郎
社会研究部

2018年03月27日

多彩な小型ロボットが活躍する超高齢社会(その3)-「分身ロボット」を介して人とコミュニケーションする-

58232_ext_03_0_S.jpg

「写真-1」は、高さ21.5センチメートルの遠隔操作型の小型ロボット「OriHime(オリヒメ)」である。開発者はコミュニケーションを支援する「分身ロボッ...

続きを読む

青山 正治

青山 正治
社会研究部

2018年03月26日

多彩な小型ロボットが活躍する超高齢社会(その2)-介護施設や病院から将来は惑星探査へ同行の可能性も-

58228_ext_03_0_S.jpg

このアザラシ型ロボット「PARO(パロ)」は、医療・介護・福祉の分野では世界的に知られているメンタルコミットロボットであり、“人の心”のケアを主な目的とす...

続きを読む

青山 正治

青山 正治
社会研究部

2018年03月23日

シルバー民主主義と若者世代~超高齢社会における1人1票の限界~

58222_ext_03_0_S.jpg

シルバー民主主義とは一般に「高齢者優遇の政治により必要な改革が阻止される現象」と定義される。日本では、シルバー民主主義により高齢者に切り込むことができない...

続きを読む

清水 仁志

清水 仁志
総合政策研究部

2018年03月22日

日本の医療費、何にお金がかかっているの?

58015_ext_03_0_S.jpg

日本の医療費の総額が年間いくらかご存じでしょうか。直近の厚生労働省の発表では、2015年度が約42兆3644億円と過去最高を更新しました。これは、国内総生...

続きを読む

村松 容子

村松 容子
保険研究部

2018年03月20日

定年後の「孤立」リスク-求められる現役時代の「個立」

58196_ext_03_0_S.jpg

定年後の3大リスクは、「お金」、「健康」、「孤立」ではないだろうか。高齢期の暮らしを支えるために経済面では年金制度が、健康面では医療・介護保険制度がある。...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄
社会研究部

2018年03月19日

窓口負担はずっと3割なの?

58005_ext_03_0_S.jpg

現在、医療機関にかかった場合の、窓口における負担は、小学生から70歳未満が3割、就学前の子どもと70歳から74歳が2割、75歳以上が1割(現役並みの所得が...

続きを読む

村松 容子

村松 容子
保険研究部

2018年03月16日

医療分野における個人IDの導入で、何が便利になるの?

58043_ext_03_0_S.jpg

医療等(健康・医療・介護)分野において、国民に固有の番号(医療等ID)が導入され、2020年に本格的な運用が開始されます。この個人IDを使えば、個々人の生...

続きを読む

村松 容子

村松 容子
保険研究部

2018年03月15日

多彩な小型ロボットが活躍する超高齢社会(その1)-膝の上やリビングから果ては疲労気味の心の中まで-

58156_ext_03_0_S.jpg

近年、コミュニケーションロボットの分野に様々な動きがある。その一部事例が、ユニークなエンタテインメント用の新世代ロボットの登場や、シンプルな構造でユニーク...

続きを読む

青山 正治

青山 正治
社会研究部

2018年03月14日

介護ロボットの「導入・利用で考えられる課題・問題」の一部再考-「平成28年度 介護労働実態調査」に見る導入状況と課題-

58150_ext_03_0_S.jpg

「平成28年度 介護労働実態調査」((公益財団法人)介護労働安定センター)の事業所調査に介護ロボットの「導入状況」と「導入・利用で考えられる課題・問題」を尋...

続きを読む

青山 正治

青山 正治
社会研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

ジェロントロジー(高齢社会総合研究)のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る