ジェロントロジー(高齢社会総合研究)

年で絞り込む

2017年10月16日

日本国内における「国際結婚・この20年の推移」-未婚化社会データ考察-「その先に在る運命の人」

56881_ext_03_0_S.jpg

学際的な少子化対策研究のひとつとして結婚に関する研究も行っている立場上、「国際結婚ってどうなっているのでしょうか」という質問を受けることが少なくない。特に...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子
生活研究部

2017年10月13日

医療費支出の概要~男女差に着目して

医療の高度化や寿命の延伸等によって、医療費は毎年およそ1兆円ずつ増加しており、2015年度には42兆3,644億円となった。2016年度の医療費は、14年...

続きを読む

村松 容子

村松 容子
保険研究部

2017年10月10日

高齢者死亡率の研究-年齢とともに上昇する死亡率に、減速や収れんは見られるか?

死亡率は、生命保険などの数理計算に不可欠の要素であり、各国の人口学者、アクチュアリー等の間で研究されている。現在、先進国を中心に、死亡率が低下し、平均寿命...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也
保険研究部

2017年10月06日

生涯現役促進地域連携事業の実態~先進23地域の動向

56837_ext_03_0_S.jpg

“高齢者の活躍の場を拡げよう”、これは様々な文脈から語られてきていることであるが、人手不足が深刻化してきている昨今、特に就業の面で高齢者に対する社会の関心...

続きを読む

前田 展弘

前田 展弘
生活研究部

2017年10月05日

2016年健康寿命は延びたが、平均寿命との差は縮まっていない~2016 年試算における平均寿命と健康寿命の差

7月27日に厚生労働省から「2016年簡易生命表」が公表され、平均寿命が男性80.98年、女性87.14年と、いずれも過去最高を更新したことがわかった。

続きを読む

村松 容子

村松 容子
保険研究部

2017年10月03日

「超高齢社会」乗り越える技術-老老介護時代の「車いす」 

56805_ext_03_0_S.jpg

最近、高齢の母の自立歩行が困難になり、介助用車いすを使う機会が増えた。車いすを押していると、道路に左右の傾斜があることに気づく。車いすをまっすぐ進めること...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄
社会研究部

2017年09月29日

ねんきん定期便はライフプラン設計を改善するか?-インターネット調査を利用した検証

「ねんきん定期便」によって家計のライフプラン設計が改善するか分析した。米国における公的年金(Social Security)に関する通知では、年金受給に関す...

続きを読む

北村 智紀

北村 智紀
金融研究部

2017年09月26日

医療・介護分野における2018年に向けた制度改革の動向

団塊世代全員が75歳以上の後期高齢者となる2025年に向けて医療・介護分野における改革が進められている。今回の改定等は、2013年に報告された「社会保障制...

続きを読む

村松 容子

村松 容子
保険研究部

2017年09月26日

「敬老の日」に想う-「人生100年時代」生き抜くのは、大変だ!

56727_ext_03_0_S.jpg

毎年、総務省統計局が「敬老の日」を迎えるに当たって『統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)』という資料を公表している。今年のトピックには『総人口が21万...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄
社会研究部

2017年09月19日

「えひめ方式」未婚化への挑戦(3)-小規模運営で大きな効果へ・結婚支援IT化への決断

56645_ext_03_0_S.jpg

前回のコラム「えひめ方式」未婚化への挑戦(2)-未婚化・少子化社会データ再考-「高卒後男女エリア外流出」の現実において、18歳を皮切りに愛媛県から大量に若...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子
生活研究部

2017年09月19日

アートから高齢社会と向き合う-英国エンテレキー・アーツの試み

56656_ext_03_0_S.jpg

今年1月、英国を訪問した際に、ロンドン南東部のデプトフォート地域で「Meet Me at the Albany(オルバニーで会いましょう)」という活動を視察させて...

続きを読む

吉本 光宏

吉本 光宏
社会研究部

2017年09月19日

“アクセシビリティ”という「おもてなし」-さらなる「バリアフリー社会」の推進を!

56646_ext_03_0_S.jpg

2020年東京五輪・パラリンピックまであと3年を切った。新国立競技場はじめ各競技施設の建設も急ピッチで進んでいる。先日、国際パラリンピック委員会(IPC)...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄
社会研究部

2017年09月12日

どう乗り越える「大介護時代」-「老老介護」支える高齢介護者

56611_ext_03_0_S.jpg

平成29年4月分の『介護保険事業状況報告(暫定)』をみると、平成29年4月末の65歳以上要介護(要支援)認定者数は620万人だ。65歳以上75歳未満の前期...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄
社会研究部

2017年08月31日

商業施設売上高の長期予測~少子高齢化と電子商取引市場拡大が商業施設売上高に及ぼす影響~

商業施設の売上環境は、雇用・所得環境が改善するなど、足元では明るい兆しも見られる。しかし、今後は少子高齢化や電子商取引市場拡大による下押し圧力が高まること...

続きを読む

佐久間 誠

佐久間 誠
金融研究部

2017年08月31日

子ども・高齢者ともに骨折は増加

骨折は、子ども時代と高齢期に多い。健康保険組合による2010~2016年度のレセプトデータを使って、子どもと高齢者のそれぞれについて、最近の骨折状況をみる...

続きを読む

村松 容子

村松 容子
保険研究部

2017年08月15日

医療機器の生産・出荷と輸出入-医療機器の輸入超過は、どの程度進んでいるか?

日本の成長戦略の重要な分野として、医療機器の製造が挙げられる。医療機器には、コンピューターや、高度な精密機械技術を要するものがある。また、体内組織を代替す...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也
保険研究部

2017年08月14日

データ分析結果が示す「大都市・東京都の出生率支配要因」とは-少子化対策・印象論合戦に終止符をうつために-

56387_ext_03_0_S.jpg

日本に住む人口の10人に1人が集まる大都市・東京都の出生率の真の支配要因は何か。少子化対策を含め社会問題分野においては、事例紹介・印象論・定性調査を中心に...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子
生活研究部

2017年08月08日

「老い」を迎える不安-高齢期の「尊厳」どう守る

56369_ext_03_0_S.jpg

先日、定期検査を受けるために大学病院を訪れた。当日の予約患者数は約3千名、多くの高齢者で混み合っていた。検査と診察で4時間ほど滞在する間に2回トイレに行っ...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄
社会研究部

2017年08月08日

高齢者見守りサービスー多様なサービスの提供と今後の可能性

高齢化社会の進展に伴い、1人暮らしの高齢者世帯が増え、孤立死の問題などもクローズアップされる中で、営利・非営利の双方で、おおむね21世紀に入ってから、高齢...

続きを読む

小林 雅史

小林 雅史
保険研究部

2017年08月03日

女性医療の現状(後編)-骨粗鬆症のリスクを減らすには、どうしたらよいか?

前稿(前編)では、女性のライフサイクルと、胎児・幼児期から、思春期、性成熟期、妊娠・出産までの女性医療の主なテーマについて概観した。その中で、女性には、月...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也
保険研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

ジェロントロジー(高齢社会総合研究)のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る