• シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 
  • 今週のレポート・コラムまとめ【4/27~5/10】:オルタナティブデータで見る不動産市場(2021年4月)-商業施設の来店者は減少、オフィス出社率の低下は小幅
2021年05月11日

今週のレポート・コラムまとめ【4/27~5/10】:オルタナティブデータで見る不動産市場(2021年4月)-商業施設の来店者は減少、オフィス出社率の低下は小幅

このレポートの関連カテゴリ

保険・年金・社会保障経済・金融・不動産暮らし・高齢社会経営・ビジネス などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

新着レポート本数:36本

▼研究員の眼
 
外資系ファンドによる日本企業の買収は本当に不幸なのか
-英CVCキャピタルが東芝へ買収を提案

 
「三角関数」の基本的な定理とその有用性を再確認してみませんか(その2)
-加法定理、二倍角、三倍角、半角の公式等-

 
SARS-CoV-2のウイルス学的特徴及び感染予防対策
 
帯分数・仮分数
-この呼び方はどこへ行ってしまったのか

 
-----------------------------------
▼Weeklyエコノミスト・レター
 
プラチナ価格は大化けするか?
~既に6年ぶりの高水準に浮上

 
2021年1-3月期の実質GDP
~前期比▲0.9%(年率▲3.6%)を予測~

 
-----------------------------------
▼基礎研レポート
 
自治体の認知症条例に何を期待できるか
-当事者や幅広い関係者の参加、「予防」の記述配慮が必要

 
老後資金の取り崩し再考
-生存中の資産枯渇回避を優先する

 
高齢者の移動支援に何が必要か(上)
~生活者目線のニーズ把握と、交通・福祉の連携を~

 
-----------------------------------
▼基礎研レター
 
コロナ禍における生活の変化(3)
-「新型コロナによる暮らしの変化に関する調査」からみる生活行動の変化と地域間較差

 
スイッチOTC化の進展
-緊急避妊薬のスイッチOTC化はなぜ不可とされているのか?

 
マイナポイント等がマイナンバーカード取得に与えた効果と、普及に向けた課題
 
コロナ禍のグローバル株式市場への影響
 
コンテンツから見るノスタルジア消費-「ALWAYS三丁目の夕日」・「モーレツ! オトナ
帝国の逆襲」 ・「西武園ゆうえんち」・「アメリカングラフィティ」から読み解く

 
健康経営は継続的な取り組みが重要
 
コロナ禍で増す「家飲み」需要
-現役世帯を中心に支出増加、ウィスキーで非日常感も楽しむ?

 
-----------------------------------
▼保険・年金フォーカス
 
EIOPAが保険ストレステストの方法論の原則に関する第2のペーパーを公表
-流動性リスクへの対応-

 
新型コロナウイルスの感染拡大が保険会社に与える影響(2)
-欧州大手保険Gの2020年決算発表による-

 
セルフメディケーションが進む中鎮痛薬の利用が増加
 
-----------------------------------
▼年金ストラテジー
 
自助・公助・共助のバランスこそが基本
 
日本株の見通し~年後半は調整必至か
 
J リート保有物件の価格はコロナ禍でも下落せず
 
コロナ後のEUの財政ルール~成長指向は強まるか?
 
-----------------------------------
▼経済・金融フラッシュ
 
米雇用統計(21年4月)
-雇用者数(前月比)は+26.6万人と市場予想の+100万人を大幅に下回る

 
ASEANの貿易統計(5月号)
~3月の輸出は米国・中国向けを中心に増加傾向が継続

 
英国金融政策(5月MPC)
-見通しを上方修正、年末にコロナ禍前を回復

 
インドネシア経済:21年1-3月期の成長率は前年同期比▲0.74%
~内需が依然弱く、4期連続のマイナス成長に

 
世界各国の金融政策・市場動向(2021年4月)
-ドル高傾向に歯止めがかかり、ドル安に

 
ユーロ圏失業率(2021年3月)
-行動制限が続くなかでも悪化は見られず

 
ユーロ圏消費者物価(4月)
-総合指数は加速したが、コア部分は減速

 
ユーロ圏GDP(2021年1-3月期)
-行動制限長期化でマイナス成長が続く

 
米個人所得・消費支出(21年3月)
-家計への直接給付で個人所得(前月比)が統計開始以来最大の増加

 
米GDP(21年1-3月期)
-前期比年率+6.4%と前期(同+4.3%)から上昇、市場予想は下回る

 
鉱工業生産21年3月
-緊急事態宣言下でも回復が続く製造業の生産活動

 
雇用関連統計21年3月
-雇用情勢は持ち直すも、対面型サービス業は依然厳しい

 
米FOMC(21年4月)-景気の現状判断を上方修正も、
予想通り実質ゼロ金利、量的緩和政策を維持

 
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

(2021年05月11日「その他レポート」)

アクセスランキング

レポート紹介

【今週のレポート・コラムまとめ【4/27~5/10】:オルタナティブデータで見る不動産市場(2021年4月)-商業施設の来店者は減少、オフィス出社率の低下は小幅】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

今週のレポート・コラムまとめ【4/27~5/10】:オルタナティブデータで見る不動産市場(2021年4月)-商業施設の来店者は減少、オフィス出社率の低下は小幅のレポート Topへ