2021年04月21日

中国インシュアテックの水滴、米IPO申請へ

保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   片山 ゆき

中国 中国・アジア保険事情 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

中国のインシュアテック企業、水滴(ウォータードロップ)は、4月16日、米国でのIPO(新規株式公開)申請に踏み切った。水滴は、ニューヨーク証券取引所への株式上場を目指している。

水滴の米IPOについては、中国の当局が難色を示しているという報道もあった。しかし、そもそも米国でのIPOには中国の当局の許可は必要ではない。

水滴は、アリババと双璧をなす、テンセントが支援をしている企業である。今回の目論見書では、IPO前の主な株主として、テンセントが22.1%を占めている点も公表されている。

これまでアリババと同様の金融事業戦略をとってきたテンセントへの影響がどうなるのか、今後の動きが注目されている。

■目次

1――テンセント22.1%出資の水滴、IPO申請を決行
2――水滴-弱者に寄り添うインシュアテック企業。収入の9割は保険仲介業の手数料収入。
3――保険関連事業とヘルスケア事業の拡大を目指して
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

片山 ゆき (かたやま ゆき)

研究・専門分野
中国の保険・年金・社会保障制度

アクセスランキング

レポート紹介

【中国インシュアテックの水滴、米IPO申請へ】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国インシュアテックの水滴、米IPO申請へのレポート Topへ