2021年04月15日

ネット病院の急増(中国)-新型コロナの経験をどう活かすのか。

保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   片山 ゆき

中国 中国・アジア保険事情 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • 2021年3月、中国においてインターネット病院が1100病院を超えたという。ネット病院の開設は、既存の病院に加えて、異業種からの参入も可能となっている。
     
  • ネット病院の普及の背景には、医療の地域格差の改善、診療の効率化を目指した国による促進と、新型コロナでのオンライン診療のプレゼンス向上がある。また、新型コロナの感染が落ち着いた後でも消費のオンライン化が定着したことも影響していると考えられる。
     
  • ただし、実際の運営面では課題も出てきている。オンライン上の診察のレベルやその質をどこまで担保できるのかなど、今後、規定の整備や業界ルールの制定など一定の時間をかけた対応が必要となるであろう。


■目次

1――地域の中核病院(2級病院)のおよそ8割は、何らかのオンラインサービスを開始
2――異業種も参入可能、ネット病院とは?
3――普及の背景には、医療の地域格差の改善、診療の効率化を目指した国による促進と、
  新型コロナでのオンライン診療のプレゼンス向上が影響
4――大手プラットフォーマーによる、ネット病院を活用した患者の回復までのトータル
  ソリューションの提供
5――ネット病院の運営には課題が山積み
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

片山 ゆき (かたやま ゆき)

研究・専門分野
中国の保険・年金・社会保障制度

アクセスランキング

レポート紹介

【ネット病院の急増(中国)-新型コロナの経験をどう活かすのか。】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ネット病院の急増(中国)-新型コロナの経験をどう活かすのか。のレポート Topへ