2020年12月18日

シニア世代が暮らしやすいデジタル社会を(中国)-「健康コード」の‘成功’が広げるデジタル・デバイド

保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   片山 ゆき

中国 中国・アジア保険事情 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • 中国では、新型コロナ感染拡大の抑制に健康コードが奏功しているが、それが図らずも、デジタル・デバイドを拡大させる一因ともなっている。影響を最も受けているのはシニア世代だ。
     
  • 新型コロナ感染拡大期を含む2020年前半は、社会のデジタル化が更に進んだ。それに呼応するように、50代、60代のネット利用者が急増している。
     
  • 中国政府は、シニア世代を包摂したデジタル社会の構築を目指すとし、高齢者が慣れ親しんだ既存の人や地域によるサービスを維持しつつ、新たなITとの融合を提唱している。


■目次

1――「健康コード」の‘成功’が広げるデジタル・デバイド(情報格差)
2――新型コロナ感染拡大期を含む2020年前半は、50代のネットユーザーの構成比が前年同期の
   2倍、60代は1.5倍に急増
3――孫とWechatで話せても、ECでの返金手続きなど、操作が少し複雑となると最後までできない
4――国も乗り出した、高齢者を包摂するデジタル社会の構築
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

片山 ゆき (かたやま ゆき)

研究・専門分野
中国の民間保険・社会保障制度

アクセスランキング

レポート紹介

【シニア世代が暮らしやすいデジタル社会を(中国)-「健康コード」の‘成功’が広げるデジタル・デバイド】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

シニア世代が暮らしやすいデジタル社会を(中国)-「健康コード」の‘成功’が広げるデジタル・デバイドのレポート Topへ