2020年08月18日

高齢者の25%は全面的な介助が必要(中国)-子女に重くのしかかる負担【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(43)

保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   片山 ゆき

中国 中国・アジア保険事情 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

日本と同様、中国でも少子高齢化が急速に進展している。7月に発表された『2018-2019年 中国長期介護調査・報告』によると、高齢者(60歳以上)の25%が全面的な介助が費用な状況であることがわかった。人口規模ではおよそ6,400万人となる。

中国の介護保険制度は給付対象となるサービスや給付額が限定的である。高齢者は自費による民間の介護サービスの利用意向はあるものの、費用は相対的に高く、利用率は3割程度にとどまっている。結果として、介護の担い手、経済的負担は依然として子女を中心とした家族となり、そのプレッシャーは大きい。老後の備えの1つとして民間の介護保険商品もあるが、子女に相当する30~59歳の加入率は8.2%にとどまっている。

■目次

はじめに
1―高齢者の25%が全面的な介助が必要な状況
2―介護の担い手、経済的負担の担い手としてプレッシャーを抱える子女
3―在宅での生活を希望する高齢者
4―青年層(30-59歳)の介護保険商品の加入率は8.2%
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

片山 ゆき (かたやま ゆき)

研究・専門分野
中国の保険・年金・社会保障制度

アクセスランキング

レポート紹介

【高齢者の25%は全面的な介助が必要(中国)-子女に重くのしかかる負担【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(43)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

高齢者の25%は全面的な介助が必要(中国)-子女に重くのしかかる負担【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(43)のレポート Topへ