2020年06月08日

中国生保市場、緩やかに回復-高い医療保障需要

保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   片山 ゆき

中国 中国・アジア保険事情 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

新型コロナによって一時的に冷え込んでいた中国の生保市場が緩やかに回復している。牽引しているのは、健康保険である。健康保険は新型コロナによる一時的な需要の高まりもあるものの、直近5年間の状況からもこれまでもと同様の高いニーズを維持している。
 
また、新型コロナによって、民間保険が普及していない小規模都市居住者の加入が急増する傾向も見られた。特徴としては、保険加入の最初の窓口が、低額で加入が可能なP2P互助や寄付型クラウドファンディングからのアップセルも見られた点である。
 
中国当局は、保険商品を社会の安定に寄与するものとして位置付けている。今回の新型コロナでは、保険会社や保険商品が果たす社会的な役割・機能が国民に広く再認識され、それが販売回復に寄与している点も考えらえる。

■目次

1――医療保障の需要は新型コロナ以前の高水準を維持。
  健康保険の収入保険料は前年同期比2割増。
2――保険未加入者の加入意識が向上。
  P2P互助や寄付型クラウドファンディングからのアップセルも。
3――保険商品はそのリスク保障機能で、社会の安定に寄与するもの。
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

片山 ゆき (かたやま ゆき)

研究・専門分野
中国の民間保険・社会保障制度

アクセスランキング

レポート紹介

【中国生保市場、緩やかに回復-高い医療保障需要】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国生保市場、緩やかに回復-高い医療保障需要のレポート Topへ